佳作「青春時代」

内山 暁さん(北海道)

 人気のないグランドに昼間の歓声を思い出させるよう建つのは野球のバックネット。ベンチには座る人もなく、夜明けの来るのを待ちます。その上空には、北極を通り過ぎたばかりの小熊座と北極星がグランドを見下ろします。誰でもが心の人隅に残している青春時代の思い出の一齣。何気ないような作品ですが、心にそこはかとない疼きを感じる作品です。緑のグランドの色も効果を高めました。

入賞作品展のトップに戻る