一席「神々の共演」

市川 尊之 さん(広島県広島市)

 安芸の宮島として知られる厳島神社。世界遺産として登録されていることは周知のこと。遠く源平の時代を現在に残して呉れています。そして、その上空には登るオリオンの三ツ星。夜半の、社殿を浮き上がらせている灯火。題名の通り、日本の神とギリシャ神話に登場する巨人オリオンの共演です。北面する厳島神社、背後の弥山の稜線がかすかに見え、その稜線に切り取られた星の軌跡。更けゆく夜のしじまに繰り広げられる神々の宴でしょうか。厳島神社の社殿が、北に正対していないことを教える作品で、作者の努力が報いられました。


入賞作品展のトップに戻る