二席「ニコニコマークと浅間山」

松本 陽治 さん(埼玉県深谷市)

                         

 2008年12月1日。西空にかかる三日月と木星、金星があたかもニコニコマークのように見られて多くの人の話題になりました。こうして、作品に仕上げられたのを見ると、いかにもにこにこ顔、と思わずニコニコとしたくなるものです。この天の笑顔と対比するのが、浅間山の噴火。この作品にはその瞬間が写しこまれています。山頂から投げ出されたように吹き上げる噴煙。自然の力とその配置の妙を、思わせる作品になりました。色調もしっかりと引き締まっています。


入賞作品展のトップに戻る