努力賞「金星と木星と三日月が象った笑顔」

丹羽 進 さん(愛知県名古屋市)

                   

2008年12月1日。夕方の西空でみられた、いわゆるニコニコマークになった星の配列。市内の公園の一角で、大都会名古屋市を見下ろすように笑顔が掛かります。画面全体にやや緑色が強くなりましたが、これは薄暮で、しかも蛍光灯などの光が溢れる大都会の人工灯火が原因の一つではないでしょうか。人工灯火に埋もれて、この3天体だけが夕空に掛かって見えているのも印象的です。夜空に浮かぶ白雲も、興を添えます。


入賞作品展のトップに戻る