佳作「昇るオリオン、双子、火星」

山野井 理 さん(栃木県)

近景は波打ち際。海中の岩に打ち寄せる波が長時間の露出で白く波立っているのが分かります。そして、その上空には昇って来るオリオン、ふたご座、そして赤く輝くのは火星。オリオン座は、あたかも羽を広げて舞い上がる蝶の姿を連想させます。水平線を区切るのは沖を行く船の灯火。星座の中を航空機の灯火が過ぎ去ります。静かな、千葉県銚子市の海岸、太平洋に昇る星々と人の時間の関わりを見せてくれます。水平線上の強い光は何でしょう。


入賞作品展のトップに戻る