佳作「星降る丘」

船田良邦 さん(愛知県)

 長野県南部の山村。そこには星の降る夜がありました。ぽつねんと建つあずまや。人影も当然ながら見当たりません。葉を落とした唐松の姿がシルエット。そこにはオリオンが沈んで行きます。冬の、まだ明けやらぬ早朝の静けさが星々の瞬きの内に感じられます。稜線を明るくするのは名古屋市の灯火。遠く離れていても人の生活を教えます。


入賞作品展のトップに戻る