三席「夏の北斗」

佐藤 嘉恭 さん(新潟県新潟市)

 新潟県地方の風土を示すのが、刈り取った稲を天日で乾かす稲かけと呼ばれる木立。この木立を前景に、北斗七星が北極の下方通過へと向かいます。地上の灯火を並木をうまく利用して遮蔽し、全体として人里近くを感じさせる雰囲気を醸し出しています。画面右端近くの北極星。その北極星から左に伸びるのが小熊座。大熊と小熊が北極星という押しピンで留められて仲良く巡ります。田園地帯の、夏の夜の風物詩とでも言える情景です。


入賞作品展のトップに戻る