このページではJavaScriptを使用しています。

平成29年度高齢者肺炎球菌感染症の予防接種のお知らせ

 

高齢者肺炎球菌感染症の予防接種は、肺炎球菌が原因となる肺炎の重症化防止に有効です。

 

予防接種法施行令の改正により、平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌感染症の予防接種が定期の予防接種となりました。鳥取市では下記のとおり実施します。

 

平成29年度の対象者

鳥取市に住民票があり、次の(1)又は(2)に該当される方のうち、過去に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎莢膜ポリサッカライドワクチン)を接種したことがない方

(ただし、この予防接種は義務ではなく、接種を希望される方に行うものです。)

 

(1) 平成29年度中に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方(下記の生まれの方)

 

 大正6年4月2日  ~ 大正7年4月1日   の生まれの方 (100歳)

 大正11年4月2日 ~ 大正12年4月1日  の生まれの方 (95歳)

 昭和2年4月2日  ~ 昭和3年4月1日   の生まれの方 (90歳)

 昭和7年4月2日  ~ 昭和8年4月1日   の生まれの方 (85歳)

 昭和12年4月2日 ~ 昭和13年4月1日  の生まれの方 (80歳)

 昭和17年4月2日 ~ 昭和18年4月1日  の生まれの方 (75歳)

 昭和22年4月2日 ~ 昭和23年4月1日  の生まれの方 (70歳)

 昭和27年4月2日 ~ 昭和28年4月1日  の生まれの方 (65歳)

 

 ・ 平成29年3月下旬に接種券を送付していますので、ご確認ください。


(2) 60~65歳未満の方のうち、心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方 

 ・各障がいについて身体障害者手帳1級を有する方:平成28年3月下旬に接種券を送付しています。

 ・各障がいについて身体障害者手帳1級と同程度と証明された方:ご希望により接種券を発行します。

 

接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで(医療機関の休診日は除く)
 

自己負担金

(1)市民税課税世帯の方…2,300円

 

(2)市民税非課税世帯の方…800円

 

(3)生活保護世帯の方及び中国残留邦人の方…無料


 

注意事項

(1)接種を希望される方は医療機関に事前に予約をしてください。また、必ず接種券を医療機関に提出してください。
 

(2)接種券を紛失した場合は、予防接種を受ける前に、鳥取市中央保健センターで接種券の再発行手続きをしてください。(予防接種を受けた後では、再発行はできません。)
 

(3)肺炎球菌感染症の予防接種後は、 6日間以上の間隔をあければ他の予防接種を受けることができます
 

(4)予防接種は必ず体調の良い時に受けに行きましょう。
 

 

 

高齢者肺炎球菌感染症予防接種の制度について

高齢者肺炎球菌感染症の予防接種は、平成26年10月1日より定期接種となりました。

制度の対象となるのは、以下の方です。

 

(1)各年度の対象年齢の方

平成27年度から平成30年度

各年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

(平成26年度のみ、101歳以上の方も対象)

平成31年度以降

65歳の方

 

(2)60~65歳未満の方のうち、心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(各障がいについて身体障害者手帳1級を有する方)

 

 

対象の方には、鳥取市から通知兼接種券を送付しますので、ご確認の上、予防接種をお受けください。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 中央保健センター
電話0857-20-3191
FAX0857-20-3199
メールアドレスhokencenter@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)