このページではJavaScriptを使用しています。

2015.02.24 ヘルプマーク導入の要望 1420-A0154-001

受付日: 2015.02.24   分類: 福祉保健・生活福祉・障害者

タイトル
ヘルプマーク導入の要望

内容
 現在、東京都ではヘルプマークを作成し、普及に努めています。これは、目に見えない障がいがある事を示すマークです。
 見た目は元気であっても、内部疾患(心臓・腎臓など)、精神的疾患(うつ・てんかん・統合失調症・不眠症など)、病気や事故で義足使用の方、知的障がい者の方、自閉症の方、パニック障がいの方、頸椎や脊椎・股関節などに損傷を持っている方など、立位維持が苦しい方が沢山います。そういう方達が困っている時に助けてさしあげるという事において、とても重要な役割を果たすはずです。
 どうか、取り扱い及び普及をお願いします。


回答
 障がいのある方が安心して生活することができる環境をつくることは、たいへん重要であり、このたび情報をいただいた東京都の取組みは先進的な事例であると拝見しました。
 本市において、同様の取組みが可能であるかどうか、障がいのある方への支援となりうるのかなど、関係者のご意見を伺いながら、検討・判断していくこととなります。
 いただいたご意見は、本市の障がい福祉の推進に役立たせていただきます。ありがとうございました。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   福祉保健部 障がい福祉課
   (電話番号:0857-20-3474)
   (E-Mail:syougaifukushi@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp