このページではJavaScriptを使用しています。

第75回 福部地域審議会

日 時  平成平成27年2月18日(水)

午後3時30分~

場 所  福部町中央公民館 2階会議室

                        

 

〔出席委員〕10名

南部 敏、中西重康、福田仁美、山本広義、濱田 香、飼牛 明、山本輝彦、松本まり子

田中秋年、前川澄雄

 

〔欠席委員〕1名

上山弘子

 

 

〔事務局〕

 宇山支所長

  坪内副支所長兼地域振興課長兼市教委分室長兼福部町中央公民館長

  山本市民福祉課長

  吉田産業建設課長

  

○ 会議次第

1 開会

2 会長あいさつ

3 協議事項

(1)総合支所整備(耐震化)の基本的な考え方について

(2)新市まちづくり計画について

4 その他

5 閉会

 

 

 

議 事 概 要

 

 

 

〈会長〉

 協議事項に入ります前に、2月3日の地域審議会会長会の席で話したことを、簡単ですが皆さんにお伝えをしたいと思います。

  まず、塩見川の改修工事が28年度で完成ということですが、塩見川の本来の改修はJRの鉄橋辺りまでが塩見川の改修だということを以前から聞いていますので引き続いて29年度以降も継続でお願いをしました。

それから、山陰近畿自動車道の駟馳山バイパスが昨年春完成しましたが、福部町にとっては非常に使い勝手が悪いということで、福部インターチェンジを新たにつくって欲しいというお願いをしました。

それから、福部の幼小中一貫校の開設に向けてというようなことで、現状を説明しております。

市長からは、塩見川の改修と新インターチェンジの件については、県と連携して国のほうに要望をしていくというお話がありました。

それから、幼小中一貫校については、28年4月ということを開校目標にしておりますので、28年4月開校に向けて、鳥取市として支援をするので頑張ってほしいという話でした。

そうしますと、協議事項に入りますので説明をお願いします。

 

〈事務局〉

 - 総合支所整備(耐震化)の基本的な考え方について 説明 -

 

〈会長〉

皆さんの御意見、御質問をお受けしたいと思います。

 

〈委員〉

地盤沈下は、耐震化の範囲に入らないんですか。

 

〈事務局〉

福部支所の周りは地盤沈下をしているということがありますので、対策の必要性も出てくるということは考えられますので、そういうことも検討していくということが出てこようかと思います。

 

〈会長〉

その他ございませんか。

4月以降から検討がなされて、来年1月以降から実際に現場で着手されていくということでございます。

 ないようでございますので、御了解いただいたということで、次に移ります。

 

〈事務局〉

次の説明の前に、鳥取市役所の位置を定める条例が昨年の12月議会で可決され、市庁舎整備の方向性が定まったことを踏まえ、新市まちづくり計画の一部変更を行うことについて鳥取市長からの諮問があったため、前回1月14日の第74回の地域審議会におきまして説明をさせていただいたところです。

その後、全地域の審議会からも適当と認める旨の答申をいただき、2月定例市議会において議案を提出することになりました。

各地域審議会の皆様にはこうして適当と認めていただいたということに、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 

 - 新市まちづくり計画について 説明 -

 

〈会長〉

ただいま、新市まちづくり計画の福部町に関係する事業の説明がありました。

未実施の9事業の中には県や国の事業もありますが、御意見、御質問があればお願いします。

 

〈委員〉

福部町にもう一つインターチェンジ新設の要望をしていくということ会長よりありましたが、先程の説明の湯山インター海岸線新設工事との関連性はどうですか。

 

〈事務局〉

駟馳山バイパスに現在の福部インターチェンジができるということは合併前の段階で分かっていましたが、そこのインターから、直接、観光道路の方に接続をして砂丘に乗り入れるというような構想も福部村時代にあったようです。

この新市まちづくり計画に記載の湯山インターは、現在、福部インターとして呼び名が変わっております。

これとは別に、駟馳山バイパスにもう一つ新しいインターチェンジをということで、市道の海士海岸線と駟馳山バイパスが交差する辺りにお願いしたいという声が最近多くあります。

私共も砂丘の渋滞解消等も絡め交通の回遊という形で考えると、やはりもう一つインターチェンジが必要と考えます。

この新市まちづくり計画に載っています湯山(福部)インター海岸線が可能かどうか、ということはありますが、これらを含めて幾つかの系統の中で交通渋滞の緩和ということを考えたらどうかということです。

新しい道路をつくるということは難しい状況がございますので、既存の道路を活用しながら、という形になろうかと思いますが、何とかこの砂丘周辺の渋滞解消をしていけたらなというような考えです。

 

〈委員〉

今の市道海士海岸線を利用して駟馳山バイパスに上り降りができるようにしてもらったら一番いいと思います。

 

〈会長〉

地域づくり懇談会の場で、福部区長会として駟馳山バイパスの新インターチェンジの要望を出しました。

県も非常に前向きといいますか、必要かもしれませんね、というような市長の回答でした。

やはり今の福部インターだけでは不十分だなというように思っておられるんだな、という感触を私はその時受けました。

だから、この前の会長会でも市長から、県と協力して前向きに進めたい、というようなことでしたから。

すぐには出来ないにしても、やはり駟馳山バイパスの新インターチェンジは重要じゃないかなというふうに思います。

だから、これはこれからも要望を出していくべきだろうなと思っています。

 

〈事務局〉

確かにそうです。

砂丘に入ってくるのに、5月や9月なんか渋滞が起きます。

渋滞緩和の他にも砂丘の観光振興にもつながってくるということですので、そういう要望も各集落からも多くいただいていて、地域づくり懇談会の中で区長会として出させてもらったということでございます。

これが早く実現になれば、地域の活性化にもつながってくるんじゃないかな、と思っております。

 

〈委員〉

1点だけ教えてください。

この新市まちづくり計画とは関係ないですが、今、鳥取砂丘の市営駐車場から海岸道路に出る所から砂防林の整備をしていますよね、景観事業というか。

砂の飛散の防止のための整備だと思いますが、岩戸に至るまでの海岸道路を車で走ったら気持ちいいっていうぐらい見晴らしがようなっとります。

岩戸まで延ばすのですか。

 

〈事務局〉

あの周辺は、松枯れで結構枯れました。三、四年ぐらい前に。

松が枯れたことによって砂防効果がなくなるということで、新たに植え直したというようなことじゃないかなと思っています。

 

〈委員〉

じゃあ、景観事業という類いじゃないね。

ただね、評判がいいらしいですよ。

 

〈委員〉

アバウトなことだけど、地方創生と新市まちづくり計画の関連はどう考えとるの。

 

〈事務局〉

新市まちづくり計画については、合併前に合併後10年先どうしていこうかということで、まちづくり計画ができたというところでございます。

まだ事業が残っているところもございますので、合併特例債とか活用できる範囲でやっていくというところがございます。

昨年8月には鳥取市新市域振興ビジョンが策定されました。

その中には、今までの新市まちづくり計画の残されたものも中に入っているものもあるかと思いますし、実際に地方創生といいますと、今後これから地域をこうして人口減少、少子高齢化の中になっていく中でどうしていこうかというところで、鳥取市としても次の第10次鳥取市総合計画の策定に向けまして作業を行っているところでございます。

 

関連性はどうかと言われて、お答えするのは非常に難しいところがあるんですけど、やはりそれなりに地域創生に向けて2月の補正予算や新年度予算において地方創生に関連したものも反映はさせているというところがございます。

 

〈委員〉

国会中継を聞いておりましたら総理大臣が地方創生は地方と地方の競争だと。

この競争をさせるべく地方を活性化していくんだ、というような答弁をしておりましたので、遅れないように鳥取市も、という気持ちで言ったわけです。

 

〈会長〉

その他ございますか。

ないようでございますので、閉めたいと思いますが、年々進んでいけばいろんな課題が新しくできたりします。

ですから、ここに書いてないことでも、福部のためには大事なことだというようなことが出てくれば、それをどんどん要望していくということを是非進めていきたいと思いますし、市の方も受けとめていただいて、地方創生時代ですから地方がよくなるように、活性化するように、対応をお願いしたいと思います。

 本日はご苦労さまでした。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福部町総合支所 地域振興課
電話0857-75-2811
FAX0857-74-3714
メールアドレスfb-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)