このページではJavaScriptを使用しています。

2014.11.12 すなば(ビーチ)スタジアム(競技場、体育館)の建設について 1420-A0128-001

受付日: 2014.11.12   分類: 教育・体育・体育施設

タイトル
すなば(ビーチ)スタジアム(競技場、体育館)の建設について

内容
 鳥取は砂丘の街です。特に市民よりも県外から見ればそう思われる方が多いです。砂の美術館で人が集まりました。次は砂の競技場を作るべきです。
 私はビーチサッカーをしています。今回ビーチサッカーは、JFA(日本サッカー協会)の中に入りました。今後はJリーグ、F(フットサル)リーグ、ビーチサッカーのナショナルリーグが立ち上がっていきます。砂の街、鳥取も手を挙げるべきです。
 広島、大阪に旅行に行けば、カープや阪神の試合をナイターで見ます。鳥取に来たらナイターでビーチスポーツ観戦が出来る。もちろん、ビーチスポーツはサッカーだけでなく、ビーチバレー、ビーチテニス、ビーチラグビー、ビーチヨガなど多くあり、鳥取が遅れているだけで関西、関東に行けば、ビーチは、総合スポーツ広場のように砂浜に人が溢れています。ビーチスポーツはニュースポーツとして注目されています。
 先日の幕張ビーチフェスでは約600人、新潟ビーチテニス会員1000人など、全国各地で熱いすなばスポーツは広がっています。
 砂丘を一大アミューズメントへ!!よろしくお願いします。


回答
 このたびは夢のあるご提案をありがとうございます。
 ご承知のとおり、鳥取砂丘は山陰海岸国立公園内にあり、この地区内に工作物を常設するには、砂地、農地、林地等いずれも様々な法律の規制解除が必要となります。
 ご提案の砂の競技場をはじめとするスポーツ施設については、これらの規制がクリアー出来るかどうかしっかりと見極め、また、市民ニーズの把握や財政状況を勘案しながら、実現に向けて研究していきたいと考えています。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   教育委員会 生涯学習・スポーツ課
   (電話番号:0857-20-3371)
   (E-Mail:kyo-gakuspo@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp