このページではJavaScriptを使用しています。

「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」のご案内(第十回特別弔慰金)

1.支給対象者

平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給します。

 

戦没者等の死亡当時のご遺族で
1.平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
2.戦没者等の子 ※胎児だった子を含む。
3.戦没者等の
 (1)父母
 (2)孫
 (3)祖父母
 (4)兄弟姉妹
 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
 ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 

 

2.支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

 

 

3.請求期間

平成27年4月1日から平成30年4月2日まで
(請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。)
※平成27年6月以降、しばらく請求窓口の混雑が予想されますが、ご了承ください。

 

 

4.請求窓口

駅南庁舎生活福祉課(32番窓口)及び各総合支所市民福祉課

 

 

 

特別弔慰金についてのご質問

 

問1.戦没者等の死亡後に生まれた孫は、支給対象になりますか?


答1.特別弔慰金は、「弔慰」の意を表するという制度の趣旨を踏まえ、戦没者等の死亡当時のご遺族(三親等内)を対象としていますので、戦没者等の死亡後に生まれた方は対象になりません。

 

 

問2.国債の償還金は、いつ、どこで受け取ることができるのでしょうか?

 

答2.特別弔慰金の支給は、無利子の記名国債により行われ、平成28年から毎年1 回、償還日(4月15日)以降に均等に支払い(年5万円)を受けることができます。

償還金の支払いを受ける場所は、請求手続の際に、ご希望の郵便局等を指定していただくことになっています。

 

 

関連情報

○厚生労働省
 平成27年の改正法による「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の支給について

○厚生労働省リーフレット(PDF:254KB)

○厚生労働省ポスター(PDF:230KB)

○とっとり市報2015年6月号(PDF:1.5MB)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉保健部 生活福祉課
電話0857-20-3472・3473
FAX0857-20-3406
メールアドレスfukushi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ