情報ひろば 5月

凡例
時アイコン =日時 所アイコン =場所 容アイコン =内容 対アイコン =対象 受アイコン =受付
条アイコン =条件 員アイコン =定員 数アイコン =数量 額アイコン =支給・助成額など
料アイコン =料金 募アイコン =募集期間・方法 持アイコン =持参するもの
問アイコン =問い合わせ先

募集

空き家除却補助

内容
良好な景観および生活環境の創生ならびに安全安心な地域づくりを目的として、防災上周囲に危険性の高い空き家除却費用の一部を補助
対象
申込書に記載する要件をすべて満たすものであり、平成28年3月上旬までに事業が完了するものであること

※申込後、市職員が該当建物の判定調査を行います。判定結果により補助対象外となる場合がありますのでご承知ください。

支給・助成額など
上限30万円(補助対象経費の3分の1)
定員
10件

※申込が多数の場合、緊急度が高いものより補助を行います。

募集期間・方法
6月1日(月)~15日(月)(消印有効)までに申込書を建築指導課まで郵送またはご持参ください。申込書は建築指導課窓口で配布するほか、本市公式ホームページにてダウンロードできます。ファクシミリ並びに各総合支所での受付は行いません。
問い合わせ先
本庁舎建築指導課(〒680-8571 尚徳町116)
電話0857-20-3282ファクス0857-20-3059

コミュニティ活動支援事業

対象
地域コミュニティの維持及び強化を目的として町内会が実施する、運動会などのスポーツ活動、伝統行事などの文化的活動、町内案内板などの設備の整備事業など
支給・助成額など
補助対象経費の4分の3(上限3万円)
募集期間・方法
6月1日(月)まで

※詳しくは、各町内会宛にお届けしている資料又は本市公式ホームページをご覧ください。

問い合わせ先
本庁舎協働推進課電話0857-20-3171ファクス0857-21-1594
各総合支所地域振興課(電話主な連絡先ページ

市民まちづくり提案事業

内容
本市の抱える行政課題の解決をめざして、市と協働で行っていただける事業に係る経費の一部を助成
対象
ボランテイア団体、NPO法人、まちづくり協議会など市民活動団体が企画・実施する、次の行政課題を解決する事業
  1. 遊休不動産の活用検討の場へ多世代参加を促す事業
  2. 用瀬の歴史・地理的特性や自然環境を生かしたエコツーリズムの推進事業
支給・助成額など
上限40万円(助成対象経費に限る)
募集期間・方法
5月1日(金)~5月31日(日)までに、市役所各庁舎の総合案内所に設置する募集要項に沿って申し込み。
問い合わせ先
本庁舎協働推進課電話0857-20-3182ファクス0857-21-1594

鳥取市安全で安心なまちづくり推進協議会委員

内容
鳥取市安全で安心なまちづくり基本計画の作成についての協議など
  • 任期:委嘱の日から2年間
  • 会議の開催:年2回程度
支給・助成額など
報酬:7000円/出席1回
対象
市内在住の20歳以上(平成27年5月1日現在)で、平日開催の会議に出席可能な人
定員
3人程度
募集期間・方法
5月14日(木)必着で、「鳥取市の防犯対策について」を800字程度にまとめ、住所、氏名、生年月日、職業、電話番号を明記のうえ、持参、郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかで問い合わせ先まで

※委員は選考の上決定

問い合わせ先
本庁舎危機管理課(〒680-8571 尚徳町116)
電話0857-20-3127ファクス0857-20-3040
メールkikikanri@city.tottori.lg.jp

「しゃんしゃん傘踊り」鳥取市観光協会連会員

内容
鳥取しゃんしゃん祭(8月)、県外観光キャンペーン、その他参加依頼のある行事に参加
対象
18歳以上で、しゃんしゃん傘踊りに興味があり、観光キャンペーンなど県外派遣に参加できる人で、傘踊りの伝承に熱意を持っている人
定員
50人程度
募集期間・方法
5月29日(金)必着で、住所、氏名、年齢、電話番号(連絡のとれるもの)を明記のうえ、郵送、持参またはファクシミリのいずれかで問い合わせ先まで
問い合わせ先
一般社団法人鳥取市観光コンベンション協会(〒680-0833 鳥取市末広温泉町160)電話0857-26-0756ファクス0857-29-1000

鳥取県要約筆記者養成講習会受講生

日時
5月27日~10月21日の間20回(おおむね毎週水曜日)10:00~15:00
場所
鳥取県立福祉人材研修センター(伏野)
対象
聴覚障がい者などの福祉に理解と熱意があり、講習会修了後に地域の要約筆記の会で活動を継続できる人
内容
手書きコース、パソコンコース(ノートパソコンを持参でき、タッチタイピング入力ができる人)
料金
受講料3000円、テキスト代3400円
募集期間・方法
5月15日(金)必着(郵送のみ受付)
問い合わせ先
鳥取県西部聴覚障がい者センター(〒683-0812 米子市角盤町1-116)電話0859-32-7338ファクス0859-32-7392

成人式実行委員

内容
鳥取市成人式の企画・運営 ▽会議の開催:7月~平成28年1月の間に10回程度
対象
市内在住の平成7年4月2日~平成8年4月1日に生まれた人で、平日18:00以降の会議に出席可能な人
募集期間・方法
6月17日(水)までに、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号を明記のうえ、持参・郵送・電子メールのいずれかで問い合わせ先まで
問い合わせ先
第二庁舎生涯学習・スポーツ課(〒680-8571 上魚町39)
電話0857-20-3362ファクス0857-20-3364
メールkyo-gakuspo@city.tottori.lg.jp

ラジオ体操春期講習会開催

内容
初心者を主な対象とする「一般講習会」の参加者募集。また、午前中には指導者を育成する「指導者講習会」を開催します(見学のみ)。
日時
5月10日(日)13:30~15:00
場所
鳥取市民体育館(吉成三丁目)
料金
無料
募集期間・方法
住所、氏名(ふりがな)、性別、電話番号を問い合わせ先まで

※見学のみの場合は、当日会場へおこしください。

持参するもの
上履きシューズ
問い合わせ先
株式会社かんぽ生命保険鳥取支店(〒689-1123 鳥取市東品治町101)電話0857-22-1527ファクス0857-22-1538

名木・古木観察会

内容
市指定の保存樹木や天然記念物に指定されている神社の森などを観察します。
日時
5月28日(木)9:00~15:30  ▽コース(バス使用):市役所出発~八幡宮参道松並木や落河内のカツラなど7か所程度観察~市役所着
定員
20人(応募者多数の場合は、初めての人を優先し、先着順)
料金
無料※昼食、水筒や雨具などは各自でご用意ください。
募集期間・方法
住所、氏名、年齢、電話番号を記入のうえ、往復はがきで5月15日(金)までにお申し込みください。
問い合わせ先
本庁舎生活環境課(〒680-8571 尚徳町116)
電話0857-20-3218ファクス0857-20-3045

いなば交流連絡会 主催 いなば の~んびり歩こうや!!

【扇ノ山ブナ林に春の花を探して】

日時
5月24日(日)9:30~16:00頃
場所
鳥取駅南口(9:15集合)
内容
鳥取駅南口出発 → 岩美駅 → 国道9号線 → 新温泉町海上 → 上山高原→ 扇ノ山 → 水の広場 →(雨滝 ※時間があれば)→ 鳥取駅南口解散
料金
1500円(保険料込)
定員
20人程度 ※定員になり次第締切

※動きやすい服装(長袖・長ズボン)、タオル、飲み物、雨具(カッパなど)

※案内は、いなば国府ガイドクラブといわみガイドクラブが行います。

問い合わせ先
いわみガイドクラブ(岩美観光協会内)
電話ファクス0857-72-3481

鳥取砂丘自然観察会(5月)

問い合わせ先
鳥取砂丘ジオパークセンター
電話0857-23-7652(8:00~17:00)
メールsaky@bes.or.jp
場所
鳥取砂丘ジオパークセンター(鳥取砂丘市営駐車場内)集合

※車でお越しの場合、市営駐車場料金が別途必要。

料金
500円(テキスト代、保険料込み)
持参するもの
動きやすい服装、飲み物
定員
各20人

※先着順(要予約)、小学生は保護者同伴での参加、荒天中止

※10人以上の団体を対象に平日も開催。料金:ガイド1人につき5000円必要

【鳥取砂丘「ジオものがたり」の旅】

日時
5月16・23日(土)10:00~11:30
内容
ジオガイドによる鳥取砂丘の案内、風紋を作る実験・観察など

【鳥取砂丘いきもの発見隊】

日時
5月17・24日(日)10:00~11:30
内容
砂丘という独特の環境で生きている動植物たちを観察親子で楽しもう・鳥取砂丘の珍しい植物・昆虫
日時
5月31日(日)10:00~15:00
場所
集合場所:有島武郎歌碑前駐車場(9:50までに集合)
内容
鳥取砂丘内で、この時期観察できる絶滅危惧種の植物・昆虫の観察&乾燥地研究所散策 ▽コース:鳥取砂丘西側散策-- 食事-- 乾燥地研究所散策▽案内人:NPO法人とっとり観光ガイドセンター
料金
500円/1人(弁当持参)

※お支払いは当日、現金にてお願いします

定員
20人 ※定員になり次第締切
対象
小学生3年生以上
持参するもの
歩きやすい靴・水筒・帽子など
条件
脚力に自信のある人 ※雨天中止
問い合わせ先
NPO法人とっとり観光ガイドセンター
電話0857-22-4878(受付時間10:00~16:00)

歩こう会5月例会

日時
5月10日(日)9:30~14:00(予定)
内容
JR鳥取駅(若桜鉄道)-- 隼~竹林公園~水口~船岡駅(約8.6km)
料金
940円 ※弁当や水筒、雨具は各自でご用意ください。
問い合わせ先
歩こう会事務局電話0857-28-3285

裁判員制度を学ぼう!~模擬裁判&制度説明~

日時
5月12日(火)13:30~16:00
場所
鳥取地方・家庭裁判所
内容
模擬裁判、裁判員制度説明、裁判官・検察官・弁護士による質疑応答など
定員
30人 ※申込先着順
募集期間・方法
事前に電話で申し込みください。
問い合わせ先
鳥取地方裁判所総務課庶務係電話0857-22-2171

国民年金コーナー

学生のみなさん、
学生納付特例制度についてお知らせします

~在学期間中の保険料を社会人になってから

納めることができる制度です~

20歳から60歳までのすべての人は、国民年金に加入しなければなりません。

学生のみなさんも20歳になると国民年金に加入し、保険料を納付することが義務づけられています。

しかし、学生の方は一般的に所得が少ないため、ご本人の所得が一定額以下の場合、国民年金保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。学校教育法に規定する大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校および各種学校(修業年限1 年以上である課程)に在学している学生のうち、本人の前年所得が下記計算式で計算した金額以下の人または失業の理由がある人であれば、学生納付特例制度が利用できます。

【所得の目安】
118万円+(扶養親族などの数× 38万円)

※学生納付特例の承認期間は4月から翌年3月までです。

■ 毎年度申請手続きが必要です。

学生納付特例を申請される方は、在学証明書または学生証の写しなど下記の書類が必要です。平成26年度において学生納付特例制度により保険料の納付を猶予された方で、平成27年度も引き続き在学予定の方は基礎年金番号が印字されたハガキ形式の学生納付特例申請書が送られます。平成26年度と同じ学校等に在学される方は、このハガキに必要事項を記入し返送していただくことにより、平成27 年度も学生納付特例の申請ができます。この場合は在学証明書または学生証の写しの添付は不要です。

【申請に必要なもの】
  • 年金手帳
  • 学生証又は申請する年度に証明された在学証明書
  • 認印(本人が署名する場合は不要)
  • 会社などを退職して学生になった人は、次の書類のいずれかが必要です。
    • 雇用保険被保険者離職票(コピー可)
    • 雇用保険受給資格者証(コピー可)
    • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(コピー可)
問い合わせ先
鳥取年金事務所電話0857-27-8311
駅南庁舎保険年金課電話0857-20-3484ファクス0857-20-3407
写真
今月のにっこりさん

田淵 由梨(たぶちゆり)ちゃん

毎月22日は「にこにこデー」です
あいさつで あったか ふれあい まちづくり

いつも元気でお茶目な由梨と一緒に過ごせて、毎日がとっても楽しいよ。

心ふれあう第一歩のにこにこ(^o^)あいさつ演劇と紙芝居公演のご要望は下記問い合わせ先まで。

問い合わせ先
中央保健センター電話0857-20-3194

鳥取市ボランティア・市民活動センターの案内

はじめてみませんか?ボランティア入門講座
とき5月8日(金)10:30~11:45
5月12日(火)19:00~20:15
5月20日(水)14:00~15:15
内容ボランティアの基礎的知識、募集情報紹介、NPOについてなど
市民活動団体のための助成金相談会
とき5月22日(金)10:00~11:30
5月26日(火)18:30~20:00
内容助成金の探し方、申請方法、助成金情報の紹介など

※1 団体(個人)の相談時間は45分まで・要予約

NPOなんでも相談会
とき5月11日(月)10:00~11:30
内容団体の立上げ、組織運営、協働事業、その他NPOに関することなど

※1 団体(個人)の相談時間は45分まで・要予約

場所
さざんか会館2階(富安二丁目104-2)
市民活動拠点アクティブとっとり会議室
問い合わせ先
鳥取市ボランティア・市民活動センター
電話0857-29-2228
ウェブサイト http://www.tottoricity-syakyo.or.jp/tvc/

図書館だより

中央図書館
電話0857-27-5182ファクス0857-27-5192
開館時間 9:00~19:00(土・日曜は17:00まで)
気高図書館
電話0857-37-6036 開館時間 10:00~18:00
用瀬図書館
電話0858-87-2702 開館時間 10:00~18:00

※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日

「絵本の読み聞かせ研修講座」受講生募集

年間6回の講座で、絵本の読み聞かせの基礎を学びます。

ところ
中央図書館  多目的ホ-ル
対象
地域や学校で読み聞かせボランティアとして活動している人またはしたい人で、6回連続して受講できる人
定員
50人(定員を超えた場合は初心者を優先します)
募集
5月18日(月)まで

※第1回は5月27日(水)10:00~11:30「絵本のよしあし」について学びます。

家庭での読み聞かせ講座

とき
5月7日(木)10:30~11:30
ところ
中央図書館 多目的ホ-ル
内容
「おひざであったか読み聞かせ ―赤ちゃん絵本の選び方―」絵本を取り入れた子育てについて
講師
山田節子さん
(児童書を楽しむ会つくしんぼ代表)
定員
30人(親子でも参加できます)