情報ひろば 6月

凡例
時アイコン =日時 所アイコン =場所 容アイコン =内容 対アイコン =対象 受アイコン =受付
条アイコン =条件 員アイコン =定員 数アイコン =数量 額アイコン =支給・助成額など
料アイコン =料金 募アイコン =募集期間・方法 持アイコン =持参するもの
問アイコン =問い合わせ先

募集

景観形成審議会委員

内容
景観行政の適正な運営を図るための調査および審議 ▽任期:委嘱の日から2年間 ▽会議の開催:年3回程度
条件
市内在住の20歳以上(平成27年9月1日現在)で、平日開催の会議に出席可能な人 ※他の審議会との兼職制限あり
定員
3人
支給・助成額など
報酬:7000円/出席1回
募集期間・方法
7月17日(金)必着で、「鳥取市における景観形成について思うこと」について800字程度にまとめ、住所・氏名・生年月日・職業・電話番号を明記のうえ、持参・郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかで問い合わせ先まで
問い合わせ先
本庁舎都市環境課(〒680-8571  尚徳町116)電話0857-20-3271ファクス0857-20-3048メールtosikankyo@city.tottori.lg.jp

男女共同参画室からのお知らせ

問い合わせ先
本庁舎男女共同参画室(〒680-8571 尚徳町116)電話0857-20-3166ファクス0857-20-3052メールdanjyo@city.tottori.lg.jp

【男女共同参画絵手紙コンテスト作品】

内容
家庭、職場、学校、地域などで、男女が共に認め支え合い、性別に関わりなく個性と能力を発揮できる社会の実現を、象徴・イメージさせるような絵手紙を募集 ▽募集テーマ:「働くあなたへ」「働くわたしを支えてくれるあなたへ」「仕事と生活」
賞金(図書カード)
最優秀賞2点5000円
優秀賞4点3000円
入選8点2000円
対象
市内に在住または通勤、通学している人
募集期間・方法
8月31日(月)必着で、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、小・中学生は学校、学年を明記のうえ、持参・郵送のいずれかで問い合わせ先まで。 ※1人何点でも応募できますが自作で未発表かつオリジナルな異なる作品に限ります(他の著作権を侵害するもの、その他法令に反するものは対象外とします)。なお、作品は返却できません。著作権を含むすべての権利は鳥取市に帰属します。

【男女共同参画による地域活性化提案型モデル事業の助成】

内容
地域で男女共同参画を推進しようとする団体が企画・提案する「男女共同参画推進事業」を支援するための経費の助成
条件
▷団体:地域で男女共同参画を推進しようとする団体(女性団体、まちづくり協議会など) ▷事業:市民などと市が協働して行うことで身近な課題を解決する事業など地域の人材育成に関わる事業で、次の(1)および(2)のいずれにも取り組むもの
(1)地域における男女共同参画推進リーダーの育成
(2)地区公民館との連携を図りながら地域の男女共同参画の前進を図る活動
支給・助成額など
1年上限10万円(助成対象経費の10分の10)(最大2年、上限20万円)
募集期間・方法
6月1日(月)~6月30日(火)

建築指導課からのお知らせ

問い合わせ先
本庁舎建築指導課電話0857-20-3282ファクス0857-20-3059

【耐震設計などの助成】

対象
昭和56年5月31日以前に着工された木造一戸建て住宅の補強設計費用の一部を助成します。助成対象の要件など詳細については建築指導課までお問い合わせください。
数量
補強設計:10件 ※先着順
募集期間・方法
6月9日(火)~

【耐震に関する地域学習会】

対象
耐震について学びたい地区の方へ、学習会を開催いたします。詳しくは建築指導課までお問い合わせください。
数量
1地区(但し、耐震診断などができる住宅を提供していただくことが条件となります)※先着順
募集期間・方法
随時

点訳・朗読奉仕員養成講習会受講生

対象
視覚障がいのある方の福祉に理解と熱意があり、全日程参加可能な人
料金
無料
定員
各20人
募集期間・方法
8月14日(金)まで
点訳
内容点字図書の知識、点字法の理論と実技など
とき8月22日(土)~(計8回)
毎週水曜日18:00~20:00
(1・8回目は土曜日10:00~12:00)
ところ日本赤十字社鳥取県支部
奉仕団室(東町1丁目)
(1・8回目はさわやか会館第1研修室)
朗読
内容声の図書の知識、朗読の方法と実技など
とき8月22日(土)~(計8回)
毎週土曜日10:00~12:00
ところさわやか会館第1研修室(富安2丁目)
問い合わせ先
日本赤十字社鳥取県支部電話0857-22-4466ファクス0857-29-3090

国際クッキング教室「韓国料理」

内容
知っているようで知らない韓国の文化を食を通して再発見!
▷講師: 薛桃子(そるももこ)(鳥取市国際交流員)
日時
6月26日(金)10:00~14:00
場所
鳥取市国際交流プラザ(湖山町西一丁目)
定員
15人 ※要申込
料金
無料(材料費は自己負担)
問い合わせ先
鳥取市国際交流プラザ(月曜日休館)電話ファクス0857-31-3253メールplaza@city.tottori.lg.jp

糖尿病料理講習会

日時
7月14日(火)10:00~13:00
場所
さざんか会館3階
定員
20人
料金
500円(材料費)
持参するもの
エプロン、三角巾 ※要予約
問い合わせ先
市立病院栄養管理室電話0857-53-7326

デキる!男の料理教室「給食をアレンジしてみよう!」

日時
6月28日(日)10:00~13:00
場所
鳥取市男女共同参画センター調理室
対象
市内在住または市内に通勤、通学している男性
定員
10人 ※要申込・先着順
料金
600円

※託児無料 託児申込期限:6月20日(土)対象:満1歳から小学校就学前までの幼児

問い合わせ先
鳥取市男女共同参画センター「()なんせ鳥取」(西町二丁目 鳥取市福祉文化会館内)電話ファクス0857-24-2704

鹿野城跡&鹿野城下町散策と藍染体験

写真:鹿野城跡
日時
6月21日(日)10:00~15:00 ※小雨決行
場所
集合場所:鹿野城跡公園駐車場(9:50までに集合)
内容
鹿野城跡城郭遺構散策、および鹿野城下町の町割りを散策と、伝統工芸の藍染め体験
▷コース:鹿野城跡散策--城下町めぐり--藍染体験
▷案内人:ぷらっとしかのガイドの会
料金
500円/1人 ※食事・藍染体験代は別料金(食事:「夢こみち」の「すげ笠弁当」1080円 藍染体験:1000円) ※お支払いは当日、現金にてお願いします
定員
15人 ※定員になり次第締切
持参するもの
歩きやすい靴・水筒・帽子など
問い合わせ先
NPO法人とっとり観光ガイドセンター
電話0857-22-4878(受付時間10:00~16:00)

国民年金コーナー

付加保険料を納めて
年金を増やせます!

月々の一般保険料に加えて付加保険料(月々400円)を納めると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。

第1号被保険者(20歳~59歳の自営業・学生など)および任意加入被保険者(日本国内に住む60~64 歳の人および20~64 歳の在外邦人で国民年金に加入する人)は、ご希望に応じてこの制度を利用していただくことができます。

※付加保険料の納付を希望される方は手続きが必要です。

※第3号被保険者(厚生年金や共済組合の加入者に扶養されている20~59歳の配偶者)、国民年金基金に加入している第1号被保険者は利用できません。

※納期限を経過した場合でも、期限から2年間は付加保険料を納めることができます。

付加年金(年間受け取り額)の計算式

200円×付加保険料納付月数=付加年金額

※物価スライド(増額、減額)はありません。

(例)
付加保険料を10年間納めた場合
【納付額】
400円×120カ月=4万8000円
【1年間に受け取る付加年金額】
200円×120カ月=2万4000円

2年間で支払った保険料と同額を受け取ることができ、とてもお得です。

問い合わせ先
鳥取年金事務所電話0857-27-8311
駅南庁舎保険年金課電話0857-20-3484ファクス0857-20-3407

鳥取市ボランティア・市民活動センターの案内

はじめてみませんか?ボランティア入門講座
とき6月5日(金)10:30~11:45
6月13日(土)14:00~15:15
6月18日(木)14:00~15:15
内容ボランティアの基礎的知識、募集情報紹介、NPOについてなど
市民活動団体のための助成金相談会
とき6月22日(月)18:30~20:00
6月26日(金)13:30~15:00
内容助成金の探し方、申請方法、助成金情報の紹介など

※1 団体(個人)の相談時間は45分まで・要予約

NPOなんでも相談会
とき6月9日(火)18:30~20:00
内容団体の立上げ、組織運営、協働事業、その他NPOに関することなど

※1 団体(個人)の相談時間は45分まで・要予約

場所
さざんか会館2階(富安二丁目104-2)
市民活動拠点アクティブとっとり会議室
問い合わせ先
鳥取市ボランティア・市民活動センター
電話0857-29-2228
ウェブサイトhttp://www.tottoricity-syakyo.or.jp/tvc/

鳥取市道路アダプト認定団体

内容
市道などに愛着と責任を持ち、市との役割分担を定め協働により定期的な清掃・美化活動を実施する団体
条件
市道など100m以上又は交差点間。年4回以上の活動を1年以上活動(今年度に限り年2回以上)継続できる5人以上の団体 ※10月以降の活動となります
支給・助成額など
資機材の支給及び貸与、構成員対象の市民総合賠償補償保険加入、清掃活動により出たごみの収集・処理、活動区域内への表示板の設置
募集期間・方法
6月1日(月)~7月31日(金) ※詳しくは本市公式ホームページから募集要項をダウンロードしていただくか問合わせ先まで
本庁舎道路課電話0857-20-3261ファクス0857-20-3048

鳥取砂丘自然観察会(6月)

問い合わせ先
鳥取砂丘ジオパークセンター電話0857-23-7652(8:00~17:00)メールsaky@bes.or.jp
場所
鳥取砂丘ジオパークセンター(鳥取砂丘市営駐車場内)集合 ※車でお越しの場合、市営駐車場料金が別途必要。
料金
500円(テキスト代、保険料込み)
持参するもの
動きやすい服装、飲み物
定員
各20人 ※先着順(要予約)、小学生は保護者同伴での参加、荒天中止
※10人以上の団体を対象に平日も開催。料金:ガイド1人につき5000円必要

【鳥取砂丘「ジオものがたり」の旅】

日時
6月6・20日(土)10:00~11:30
内容
ジオガイドによる鳥取砂丘の案内、風紋を作る実験・観察など

【鳥取砂丘いきもの発見隊】

日時
6月7・21日(日)10:00~11:30
内容
砂丘という独特の環境で生きている動植物たちを観察

万葉フェスティバルin鳥取第21回大伴家持短歌大賞

内容
▷テーマ:「顔」
▷部門:(1)一般の部(2)児童生徒の部(高校生以下)
▷応募点数1人2首まで ※未発表作品に限る
▷選考委員:佐佐木幸綱(ささきゆきつな)さん(歌人)、小島(こじま)ゆかりさん(歌人)、北尾勲(きたおいさお)さん(鳥取県歌人会会長)、池本一郎(いけもといちろう)さん(歌人)
募集期間・方法
7月31日(金)までに、所定の応募用紙、または用紙(自由)、はがきに、応募短歌・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記し、左記問い合わせ先へ封書、ファクシミリ、電子メールまたはフォーム(日本海新聞ホームページで入力)にて ※当日消印有効
問い合わせ先
新日本海新聞社「大伴家持大賞係」
(〒680-8688 富安二丁目137)
電話0857-21-2885ファクス0857-21-2891
メールo-yakamochi@nnn.co.jp

『鳥取文芸』第37号の作品

内容
一般の部、小・中学生の部、特集の部の3部門の作品を募集します。
一般の部
小説400字詰め原稿用紙30枚以内
評論同30枚以内
戯曲・脚本同50枚以内
エッセー同5枚以内
同3枚以内
短歌官製はがきに5首
俳句同5句
川柳同5句
小・中学生の部
400字詰め原稿用紙3枚以内
短歌官製はがきに2首
俳句同2句
川柳同2句
募集期間・方法
▷応募資格:鳥取県内在住もしくは鳥取市にゆかりのある人
▷応募作品:1人1部門(特集は別扱い、黒のボールペンか濃い鉛筆で筆記)、本人が創作した未発表の作品に限る ※作品には住所、氏名(ふりがな)、電話番号を明記してください。
▷応募方法:7月31日(金)必着で、下記問い合わせ先まで ※メールでの応募も可。応募原稿は原則として返却しません。
▷表彰:各部門ごとに「鳥取文芸賞」、「奨励賞」、「佳作」を表彰。入賞・入選作品は、12月6日(日)に刊行する『鳥取文芸』第37号に掲載。表紙絵(作家の色紙)を希望者に抽選で進呈。
特集「昭和という時代」
【内容】指定の原稿用紙に、いろいろな視点からとらえた「昭和という時代」のイメージ像を表現し紹介してください。
【締め切り】7月10日(金)必着
※詳しくは問い合わせ先に電話かメールで
問い合わせ先
鳥取市社会教育事業団(〒680-0841 吉方温泉三丁目701文化センター内)電話0857-21-0865
メールmyqyy947@ybb.ne.jpウェブサイトmyqyy947@ybb.ne.jp

中央人権福祉センターからのお知らせ

問い合わせ先
中央人権福祉センター電話0857-24-8241ファクス0857-24-8067メールjin-chuo@city.tottori.lg.jp

【介護職員初任者研修】

日時
6月19日(金)~10月23日(金)
場所
鳥取市人権交流プラザ(幸町)他
内容
延べ27日間(132時間)で介護の基礎知識を講習
対象
市内に在住または勤務している方で修得に意欲のある人
料金
14000円程度(テキスト代、実習費など)
定員
20人
募集期間・方法
所定の受講申込書を6月11日(木)までに問い合わせ先まで持参(持参時に面接及び書類選考を実施)

【傾聴力養成講座】

日時
7月11日(土)9:45~15:0012日(日)10:00~15:45
場所
鳥取市人権交流プラザ(幸町)
内容
コミュニケーションで重要な「聴く力」を学ぶ講座
対象
2日間の受講が可能な人
料金
無料
定員
18人 ※応募者多数の場合は抽選
募集期間・方法
6月18日(木)までに問い合わせ先まで

第8回城下町しかのぶらり蓮ウォーク

日時
7月26日(日)9:00~12:00(8:00受付開始)
場所
集合:鹿野町中央公民館(鹿野342)
定員
200人(ガイド付き100人、フリー100人)
料金
500円 ※昼食希望者には地元食材を使った弁当を700円で販売します(要予約)
募集期間・方法
7月17日(金)まで
問い合わせ先
鳥取市西商工会鹿野会館内「城下町しかのぶらり蓮ウォーク実行委員会」電話0857-84-2402ファクス0857-84-2563

歩こう会6月例会

日時
6月14日(日)8:00~18:00(予定)
内容
鳥取市役所--姫路市内散策(姫路城、書写山円教寺)--鳥取(バスツアー・歩行距離約2.0km)
料金
5400円 ※弁当や水筒、雨具は各自でご用意ください。
問い合わせ先
歩こう会事務局電話0857-28-3285

いなば交流連絡会 主催いなば の~んびり歩こうや!!

※定員になり次第締切

【三色アスパラ収穫体験】

日時
6月7日(日)10:00~12:00頃
場所
河原町中井
内容
好評の三色アスパラ収穫体験。生産農家さんのお話を聞きながら、採れたてのアスパラを畑のレストランで試食
料金
1500円
定員
10人
持参するもの
動きやすい服装、帽子、タオル、飲み物など
問い合わせ先
河原城風土資産研究会電話0858-85-0046ファクス0858-85-1946

【信仰の山「三角山」と歴史を語る「お城山」へ登ろう】

日時
6月21日(日)10:00~15:00頃
場所
用瀬町総合支所駐車場(10:00集合)
内容
鳥取市指定文化財の「三角山神社奥宮本殿」参拝や、中国山脈・日本海の眺望が素晴らしい頂上からの絶景が楽しめます。
▷用瀬町総合支所駐車場出発 → 女人堂 → 三角山山頂 → 景石城址 → 支所駐車場解散
▷案内:もちがせ上方往来散歩径
料金
300円(保険料込)
定員
20人程度 ※小学4年生以下は保護者同伴
持参するもの
動きやすい服装(長袖・長ズボン)、タオル、飲み物、雨具(カッパなど) ※昼食は持参、雨天中止
問い合わせ先
竹澤電話090-2000-6631

平成27年度第1学期 放送大学セミナー6月分

ところ
放送大学鳥取学習センター(駅南庁舎5階)
授業時間
いずれも90分
参加費
無料
申込み
不要

※当月(8日以降)分と、翌月(7日まで)分の情報を掲載しています。

6月9日(火)14:30~ 講師:菅原一孔さん(客員教授)
・三次元CADによるコンピュータグラフィックス入門(1)
6月12日(金)15:00~ 講師:大谷博美さん(客員教員)
・マレボジャ韓国語(2)
6月19日(金)14:00~ 講師:福安勝則さん(客員教授)
・いっしょに学ぼう基礎英文法
-対話・名言・時事ニュース-(5)
6月21日(日)15:30~ 講師:石谷孝二さん(客員教授)
・見立ての造形
6月23日(火)14:30~ 講師:菅原一孔さん(客員教授)
・三次元CADによるコンピュータグラフィックス入門(2)
6月24日(水)14:30~ 講師:高取憲一郎さん(客員教授)
・ヘッブの心理学とコミュニケーションの役割
6月26日(金)15:00~ 講師:大谷博美さん(客員教員)
・マレボジャ韓国語(3)
6月27日(土)14:00~ 講師:小林 一さん(客員教授)
・農業経営の革新
7月 3日(金)14:00~ 講師:福安勝則さん(客員教授)
・いっしょに学ぼう基礎英文法
-対話・名言・時事ニュース-(6)
7月 4日(土)14:30~ 講師:秦野諭示さん(客員教授)
・インターネットを支える高速通信(2)携帯電話、LTE
問い合わせ先放送大学鳥取学習センター
電話0857-37-2351ファクス0857-37-2352