このページではJavaScriptを使用しています。

太陽表面の大きな模様(2015年5月29日)

★太陽表面の大きな模様(2015年5月29日)

 2015年5月29日(金)、太陽表面に大きな黒い筋「ダークフィラメント」が出現しています。今回のダークフィラメントの長さは、太陽の半径ぐらい(地球の約50倍)にもなります。また、太陽の縁には淡いですが大きなプロミネンスも現れています。

 これらの模様は、太陽表面観察用の専用のフィルターを使わないと観察できませんので、くれぐれも望遠鏡を直接太陽には向けないようにしてください。

 さじアストロパークには、太陽観察専用の望遠鏡がありますので、晴天時には太陽表面のいろいろな模様を観察することができます。来館された際には、太陽表面の模様もぜひご覧ください。

ダークフィラメント(赤い丸が太陽表面。太陽表面中、右側の縦に伸びる黒い筋が「ダークフィラメント」)

太陽の下の縁に、プロミネンス(飛び出しているところ)が見える。

プロミネンスの拡大。複雑な構造がわかる。



?


 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
鳥取市さじアストロパーク
電話0858-89-1011
FAX0858-88-0103
メールアドレスsj-astro@city.tottori.lg.jp