このページではJavaScriptを使用しています。

平成27年度 第2回青谷地域振興会議議事録

日時:平成27年5月21日(木) 午後3時~5時10分

 

会場:青谷町総合支所 第2会議室

 

 

 

【出席委員】

 

髙橋克己、鱸雅子、長谷川和郎、濵江康雄、奥谷吉男、鈴木光頼、瀧洋子、津本和美、北村佳子、松岡礼子、長谷川英二、上田洋子

 

以上12名(敬称略)

 

 

 

【欠席委員】

 

なし

 

 

 

【事務局】

 

国森支所長、武田副支所長兼地域振興課長(併教育委員会分室長兼中央公民館長)、秋田市民福祉課長、山本産業建設課長、早川水道局営業所長、長田地域振興課課長補佐、塩谷政策企画課創生戦略室長

 

 

 

【日 程】

 

1 開会

 

2 支所長挨拶

 

3 議題

 

1)鳥取市版総合戦略、人口ビジョンについて(政策企画課)資料ダウンロード

 

2)青谷町版総合戦略について資料ダウンロード

 

3)地域振興会議西ブロック合同会議について資料ダウンロード

 

4)青谷ようこそ市場「AOICHI」(通称)の実施について資料ダウンロード

 

5)その他

 

4 その他

 

5 閉会

 

 

 

 

 

◎議事概要◎

 

鳥取市版総合戦略、人口ビジョンについて

 

【委員】策定の進め方だが、資料にある“ひとづくり”とは具体的にどういうことか。

 

【事務局】大学進学などで転出し、卒業後に鳥取に帰って来ない若者もいますが、帰ってきてくれるような、地元に留まってくれるような若者を期待しています。地域のみなさんなど、市全体で取り組んでいきたいと考えています。

 

 

 

【委員】人口現状分析では、三世代同居の数などの分析も必要ではないか。

 

【事務局】今後のアンケートなどを集約し、細かく見込んでいきたいと考えています。

 

 

 

【委員】人口将来展望に、国目標より10年前倒しとあるが、理由は。

 

【事務局】東京に比べて出生率は高いので、不可能な数値ではないとのことから前倒しとしています。

 

 

 

【委員(意見)】策定スケジュールではたくさんの会があるが、各会でどのような意見があったのかすり合わせが必要である。また、会に参加しない市民は内容がわからない。早い段階からの説明が必要である。

 

 

 

【委員(意見)】地区座談会などでの説明がよいと思うが参加者が少ない。動員要請も必要である。PTAや老人クラブなどの会に出向くのも方法である。

 

 

 

 

 

青谷町版総合戦略について

 

【委員(意見)】青谷の人口推計を見たが、このような会に出ると状況がわかり危機感を覚える。様々な広報をすれば関心をもってもらえるのではないか。勝部ではチラシではなく、各部落で課題などをあげてもらうようにしている。

 

 

 

【委員】「人口減少⇒定住⇒魅力・関心」となるようなメニューが必要だ。保育料、空き家改造など青谷独自の予算確保は可能か。

 

【事務局】青谷独自ではなく、既存の制度を活用することになります。予算については内容をみながら要求していきます。

 

 

 

【委員(意見)】人口が減少している状況で、何が必要なのか認識が大事である。第9次総合計画の評価が大切である。

 

 

 

【委員】新市域振興ビジョン推進計画に卓球のまち青谷の復活とあるが、具体的な考えを聞きたい。

 

【事務局】今年度は、11月21日~22日に青谷オープン卓球2015という大会名で青谷中学校、県内、県外の中学生を対象とした大会を計画しています。また、高校生による住民向けの卓球教室開催を予定しています。

 

 

 

【委員】夏泊朝市の実施とあるが、価格が高いと聞いている。せっかくの資源があっても人が来なかったら意味がない。改善を加える必要がある。

 

【事務局】青谷ようこそ市場の実施による相乗効果を考えていきます。

 

 

 

【委員】避難行動要援護者支援制度への登録啓発とあるが、区としてどこまでやるのか。

 

【事務局】申請をしていただいた集落もありますが、周知できていない部分もありますので、各地区で説明会を実施したいと考えています。

 

 

 

【委員】勝部地区は10年先に人がいるだろうか、農地は、山道はどうなるのか心配している。後継者育成は難しい。何かを注入していく必要がある。

 

【事務局】何をすべきか見つけ出す必要があります。どのような動きをするのか議論していきたいと考えています。

 

 

 

 

 

青谷ようこそ市場「AOICHI」(通称)の実施について

 

【事務局】7月から10月、毎月第1日曜日の開催を計画しています。特徴、話題性のある物も販売していきたいと考えています。また、夏泊の朝市には倉吉や鳥取(旧市内)からも来ていただいています。

 

【委員】皆さんも一声、面白そうだとPRしてほしい。

 

 

 

 

 

その他

 

【事務局】平成21年に実施した「中山間集落実態調査」資料をお配りしています。これを参考に青谷町地域の現状を把握するために、後継者問題、山林・農地の管理状況、生活環境(病院・買い物)などの実態調査を考えています。青谷町全体で実施するのか未定ですが、どのような問題があるのか探ってみたいと考えています。調査項目について、追加した方がよい内容などがあれば教えてください。

 

 

 

 

 

【第3回青谷地域振興会議の開催予定】

 

日時:平成27年7月(日時未定)

 

会場:青谷町総合支所 第2会議室(予定)

 

議題:青谷町版総合戦略について ほか(未定)

 

※開催日時、議題等については地域振興課へお問い合わせください。決まりましたら、市ホームページに掲載します。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp