このページではJavaScriptを使用しています。

新市域連携事業に係る「地域おこし協力隊員」着任あいさつ

 

新市域連携事業に係る「地域おこし協力隊員」が市長に着任あいさつ

 

  着任あいさつ

 

新市域連携事業の「自転車を活用した周遊観光の促進」と「山の資源を活用したエコツーリズムの促進」を担当する地域おこし協力隊員が着任したので、市長に着任あいさつを行いました。

 

  日時 平成27年6月4日(木)10:00~10:20(第1応接室)

 

 

 

 

1 地域おこし協力隊員氏名

 

 

松本拓也(平成27年5月15日着任 自転車を活用した周遊観光の促進)   写真左側二番目

 

 

 

前田 泰 (平成27年6月1日着任 山の資源を活用したエコツーリズムの促進) 写真右側から二番目

 

 

 

 

2 市長激励あいさつ

 

鳥取市にお越しいただきましたこと歓迎いたします。

鳥取市は、平成26年度から「地域おこし協力隊」として、これまで計7名の協力隊員を配置しており、活動に取り組んでいただいています。

 

鳥取市東部エリアの国府・福部地域と岩美町の連携による「自転車を活用した周遊観光の促進」、また鳥取市南部エリアの河原・用瀬・佐治地域と智頭町の連携による「山を活用したエコツーリズムの促進」の活動に取り組んでいただきます。

隣接の岩美町さんや智頭町さんと連携して、鳥取の良いところは地域が誇る自然の宝が沢山ありますので、二人の頑張りに大いに期待します。

 

 

3着任挨拶

 

 

松本隊員 

 現在は自転車より車社会です。これから鳥取市をさまざまな自転車が走る面白い町にしたいです。

 

前田隊員

 学生時代から山登りが好きでした。鳥取の豊かな自然環境のこの魅力を関西や関東に発信していきたいです。

 

 

4 主な業務内容

 

 

<自転車を活用した周遊観光の促進>

 

鳥取市東部エリア(国府・福部地域)と岩美町との連携により、鳥取砂丘や浦富海岸、雨滝などのジオスポット等を巡る自転車を活用した周遊観光の取組を進め、市外者の地域内への誘客を図る。

 

 

<山の資源を活用したエコツーリズムの促進>

 

鳥取市南部エリア(河原・用瀬・佐治地域)と智頭町との連携により、河原町のスカイスポーツ、用瀬地域から智頭町への山岳トレイル、佐治町の山王谷エリアの自然体験、智頭町の森林セラピーなど多様な魅力ある体験メニューをまとめて都市部へ発信し、エコツーリズム愛好家等の誘客を図る。

 

 

■サイト内リンク

 

●三大都市圏の自転車乗り大募集

 

 

●三大都市圏の山好き募集中

 

 

 

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 地域振興課
電話0857-20-3184
FAX0857-21-1594
メールアドレスchiikishinko@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ