このページではJavaScriptを使用しています。

2015第1回鳥取リノベーションまちづくり講演会を開催しました

 

 鳥取市では、中心市街地の空き家、空き店舗などの遊休不動産をリノベーション手法により再生することで産業と雇用を生み出し、建物単体だけではなく、まち(エリア)の価値を高める「リノベーションまちづくり」の取り組みを進めています。

 2015第1回鳥取リノベーションまちづくり講演会を5月28日(木)に開催しました。地域資源やストックを生かした独自の取り組みを通して、地域の人達と協働し新しいチャレンジをつくりだされている、サルトコラボレイティヴの加藤寛之氏を講師にお招きし、「まちのリブランディング エリアの期待値を高めるマネジメント」をテーマにお話しいただきました。

 ・まちづくりとは、まちに新しい価値をつくりだすこと。

 ・人にフォーカスして、まちの兆し(イノベーター)を探し、その周りに仕掛けをしていく。そうすることでまちの期待値が上がり、新しいチャレンジが生まれ、自然とまちが動き出す。

 ・まちの魅力コンテンツを守り育てることは最重要だが、マーケットが無ければ続かないので、最優先すべきは新しいマーケットづくり。

 ・まちのカラーを守るために、元々あるコンテンツを守り育てていく。

 などなど、実践に裏打ちされたとても説得力のあるお話でした。

 会場からも活発な質問が出て、皆さんの関心の高さがうかがえました。

 多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

開催日時

平成27年5月28日(木)

19:00から21:00まで (18:30開場)

 

会場

とりぎん文化会館 第2会議室   (所在地:鳥取市尚徳町101-5)

 

テーマ

まちのリブランディング エリアの期待値を高めるマネジメント

 

講師

   株式会社サルトコラボレイティブ代表取締役

 加藤寛之(かとうひろゆき) 都市計画家

加藤寛之1975年千葉県千葉市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。

兵庫県氷上郡柏原町(現丹波市柏原町)では、タウンマネージャーとして10店舗の誘致に成功。

大阪府枚方市で2007年に立ち上げた定期マーケットは、毎月250の出店者と約5000人を集め、20店舗以上の新規出店を実現。

2008年株式会社サルトコラボレイティヴ設立。

大阪市、伊賀市などの地域再生業務に従事する他、地元大阪阿倍野のまちでのバイローカルプロジェクトや、ストックリノベーションによって地域再生につながる事業もライフワークとして取り組む。

株式会社サルトコラボレイティヴ  http://sarto.bz/ 

 

参加者

約80名

加藤さん講演会1加藤さん講演会2

加藤さん講演会3

 

開催者

主催 鳥取市 

共催 鳥取県、一般社団法人鳥取県建築士会、住もう鳥取ネット、鳥取市中心市街地活性化協議会

企画・運営 株式会社リノベリング

 

お問い合せ先

鳥取市都市整備部中心市街地整備課

〒680-8571 鳥取市尚徳町116番地

TEL:0857-20-3276

FAX:0857-20-3048

E-mail:shigaichiseibi@city.tottori.lg.jp

 

チラシ

講演会チラシ                    

(下記ダウンロードのリンクをクリックするとPDFデータを保存できます。)

サイト内リンク



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)