このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市東部エリアと岩美町の自転車を活用した周遊観光の促進

■鳥取市東部エリアと岩美町の自転車を活用した周遊観光促進

 

サイクリングイメージ

 

背景
〇新市域における県と市の共通課題等について情報共有を図り、県の支援を得ながら課題解決や地域資源活かした新たな魅力創出に向けた取組を進めています。

 

課題解決にあたり、新市域の複数地域と隣接自治体が連携することで、より大きな成果が見込まれるものついて、その取組を促進することにより、地域の活性化に繋がることをねらいにしています。

 

サイクリングイメージ2

 

【事業の目的
 身近なレクリエーションとしてのサイクリングの普及を通じて、日常的に自転車を利用する
機運を醸成するとともに、利用しやすい環境を充実させ利用者の増加を図ります。
 併せて、市東部エリア及び岩美町の
周遊観光に自転車利用を促進し、滞在時間の延長を図り、将来的には、市街地及び他地域への拡大を目指します。
 また、こうした取組を通じて、
自転車が走りやすい、走ってみたいまちのイメージ定着させ、市外及び県外・国外からの来訪者の増加につなげます。

 

■自転車利用で想定される効果等(自動車との比較)

 ○小さな道まで入れ、地域の魅力や住民にふれる機会が増える。
 ○市外及び県外来訪者の宿泊買い物等につながる。
 ○重大な交通事故が起こりにくい。
 ○騒音が少なく、排気ガスがないので環境にやさしい。
 ○観光シーズン等の渋滞緩和が図られる。
 ○全国的に健康及びエコ指向が高まっており、鳥取のイメージアップつなる。

 

 

■平成27年度の取組内容

 

機運醸成年度

○愛好家、自転車商業組合、観光関係者及び行政等による実行組織の立ち上げ

○コースマップの作成

○協力店開拓(協力店表示、駐輪スペース確保、トイレ利用等おもてなし)

○サイクリングの企画・開催

 ・定期走行会(710月、4回程度)

 ・イベント走行会(1回

○SNSによる情報発信 等

 

 

 

 

■関係者による現地走行を2回開催しました。

 

自転車を活用した周遊観光促進の「機運の醸成」に向け、愛好家など関係者が意見を出し合ったり、議論を深めるには、自転車や現地に対する認識を共有する必要があるため、関係者が自転車で現地走行しました。

 

 

【第1回走行会実施日】 平成27年3月26日(木)

 

【日 程】

 12:30 集合・出発  鳥取市サイクリングターミナル砂丘の家

 15:20 帰着        〃

 15:30 意見交換      〃

 

※意見交換では、コースの見どころや気になる点、おすすめの店、今後の進め方等については話し合いました。

 

コース】(約35km

◎往路

サイクリングターミナル~鳥取砂丘~海岸線道路~駟馳山峠~浦富海岸島めぐり遊覧船乗り場~鴨ケ磯展望所~城原展望所~山陰海岸学習館

◎復路

山陰海岸学習館~牧谷カキツバタ群落~岩美駅~岩本~駟馳山峠~らっきょう畑~サイクリングターミナル

 

 

写真記録集

 

 

 

【第2回走行会実施日】 平成27年4月25日(土)

 

【日 程】

 9:30 出発 鳥取市因幡万葉歴史館

11:30 昼食会場着 美歎牧場バーベキューハウス

12:00 昼食・意見交換     〃

 

コース】(約20km

(1)集合・出発「因幡万葉歴史館」→(2)エリアA(宮下、奥谷) →(3)エリアB(中郷、国分寺) →(3)エリアC(麻生、高岡、美歎) →(4)昼食会場 ※各エリアにある名所や旧跡、気になるお店等を巡りました。

 

写真記録集 

 

 

 

 

■自転車愛好家組織が設立しました。

 

とっとりサイクルツーリズムの会設立総会1           とっとりサイクルツーリズムの会設立総会2

 

名称 「とっとりサイクルツーリズムの会」 (平成27年6月3日設立)

(略称「TCT」とっとりのT、サイクリングのC、ツーリズムのT) 

   

会 長 山下 眞里

副会長 中屋 史男 

監 事 廣田 洋二

事務局 鳥取市地域振興監地域振興課

 

山下会長あいさつ

 自転車は生活にレジャーにといろいろな楽しみ方があります。自転車があるとこんなに楽しいという文化が広まっていけばと思います。 自転車が走りやすい、走ってみたいまちになるよう皆さんに協力していただきながら楽しくやっていきたいと思います。

 

〇愛好会設立の目的

TCTは、県東部地区において身近なレクリエーションとしてのサイクリングの普及を通じて、日常的に自転車を利用する機運を醸成するとともに、利用しやすい環境の充実や自転車イベントの開催などの取組を通じて「自転車が走りやすい、走ってみたいまち」のイメージを定着させることにより、交流人口を増加させ地域の活性化につなげることを目的としています。 

     

とっとりサイクルツーリズムの会設立総会3 とっとりサイクルツーリズムの会4

〇会員名簿

〇とっとりサイクルツーリズムの会 規約

 

■設立賛同の呼びかけ

 

全国的に健康やエコの高まりに伴い、通勤やサイクリングなど自転車利用が広まっており、本県においても「鳥取県バイシクルタウン構想」が策定され自転車の利用促進を図られています。

そこで、ここ東部地区においても身近なレクリエーションとしてのサイクリングの普及を通じて、日常的に自転車を利用する機運を醸成するともに、利用しやすい環境の充実や自転車イベントの開催を目指すため、自転車愛好家組織を設立することと致しました。 当面の活動としては次の取組を考えています。

・サイクリング(走行会、イベント)の企画、開催

・サイクリングコースマップの作成

・サイクルカフェなど協力店の開拓 ・SNSでの情報発信

また、こうした取組を通じて「自転車が走りやすい、走ってみたいまち」のイメージを定着させることは、中・西部地区や県外、国外からの来訪者が増加し地域の活性化につながります。

個人での参加も歓迎します。ぜひ、多くの方々のご参加ご協力をお願いします。

 

平成27年5月吉日 

  設立準備会発起人

    山下眞里(愛好家)

    中屋史男(鳥取ふるさとUI(友愛)会)       

   

    

 

 

■「とっとりサイクルツーリズムの会」代表者の組織設立あいさつについて

 

 

6月8日(月)に、代表者による市長への組織設立のあいさつが行われました。

 

 

市長あいさつ 市長あいさつ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会長  山下眞里(やました まさと) 氏 (愛好家)

副会長 中屋史男(なかやふみお) 氏 (鳥取ふるさとUI(友愛)会事務局、大阪府からIターン)

 

 

日時・場所

 

 平成27年6月8日(月)11301145(第一応接室)

 

市長あいさつ

 

鳥取市と岩美町が連携して取り組んでいる「自転車活用した周遊観光の促進事業」に協力いただきありがたく思っています。

鳥取市を含め東部圏域にはまだまだ魅力的なポイントやコースが沢山あります。「とっとりサイクルツーリズムの会」の皆さんに、魅力ある資源を見つけてもらい、自転車が走りやすいまち、走ってみたいまちとして大いに情報発信していただけたらありがたいです。

地域おこし協力隊も配置しましたので、会の皆さんと連携を密にして、事業に取り組んでいただきますことをお願いしています。皆さんの頑張りに大いに期待しています。

 

代表者決意表明

TCT山下会長

 

 

 

 

 

 

山下会長

自転車の楽しさはいろんなバリエーションがあって、自然豊かな鳥取市を自転車で回ってもらい、自転車人口を増やして、生活の中に自転車が普及していき、文化となって欲しい。 市民生活の中に自転車文化が浸透していくような活動をしていきたい。

 

TCT中屋副会長  

 

 

 

 

 

中屋副会長

大阪から鳥取市にIターンしてきて、鳥取は自転車天国と思っている。鳥取を自転車に乗って、肌で風や音を感じ風景を生で見て楽しんでもらいたい。「とっとりサイクルツーリズムの会」は、自転車組合や大学生、行政などの組織であり、自転車が走りやすい環境に整えていきたい。

 

組織の会員

 

鳥取大学サイクリング部、公立鳥取環境大学サイクリング部、愛好家:山下眞里、鳥取ふるさとUI(友愛)会、岩美町観光協会、鳥取市自転車商組合鳥取支部、岩美町、鳥取市、(オブザーバー:鳥取県)

 

鳥取市の支援

松本地域おこし協力隊市長あいさつ3

  (松本 拓也地域おこし協力隊員)

 

「自転車を活用した周遊観光の促進事業」を担当する地域おこし協力隊員1名を5月15日付けで配置しており、この会の活動を事務局として支援していきます。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 地域振興課
電話0857-20-3184
FAX0857-21-1594
メールアドレスchiikishinko@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ