このページではJavaScriptを使用しています。

2015.06.15 小学校の自転車運転教育・指導について 1520-A0032-001

受付日: 2015.06.15   分類: 教育・学校教育・学校指導

タイトル
小学校の自転車運転教育・指導について

内容
 先日、町内で話し合いの場があり、低学年の小学生が自転車ごと道路の側溝にはまって動けなくなっていたとの報告がありました。
 幸いヘルメットをかぶっていたので、怪我は無く、無事引っぱり上げたとの事ですが、この事を受けて、小学校の生徒への自転車運転教育・指導が足りていないのではとの意見があり、現状の取り組みを知りたく、問い合わせさせて頂きました(親御さんの年代では、自転車運転教育・指導は小学校の高学年時にあったとの発言あり。親が子供に指導することに加えて、学校側の取り組みも必要なのではとの意見です)。
 小学校の生徒への自転車運転教育・指導に関する現状の取り組みを教えてください。特に低学年の生徒向けの取り組みを教えてください。もし、取り組みが無いようでしたら、是非ご検討頂きたくお願い申し上げます。


回答
 本市小学校での自転車の安全運転指導については、年度初めから夏休みまでの間、中・高学年の児童を対象に、警察や交通安全協会等の協力を得るなどして、自転車点検や交通ルール等の学習を実地練習も含めて実施しています。
 また、低学年の児童に対しては、歩行者としての交通安全指導に重点を置いているところですが、本年6月1日の改正道路交通法の施行以降、全学年で自転車の安全運転指導を実施する学校が増えてきており、未実施の学校でも実施に向けて検討しているところです。
 今後も、児童の実態や発達段階に合った指導を考え、実践してまいりますので、引き続きご理解とご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   教育委員会 学校教育課
   (電話番号:0857-20-3357)
   (E-Mail:kyo-gakkou@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp