このページではJavaScriptを使用しています。

献血のお願い

 

 

 

ひとの生命を支える血液は、ケガによる大量出血や病気の治療として必要なものですが、血液を人工的に造ることはできません。

輸血や血液製剤を必要とする人に安定的に提供するため、皆さまの御協力をお願いします。

 

 

 

● 献血の種類

全血献血 … 200mL献血と400mL献血があります。

成分献血 … 血液の中の血小板や血漿(けっしょう)など特定の成分を献血し、赤血球は体内に戻す方法です。

 

※現在、鳥取県内の医療機関で使用される輸血用血液の約98%が400mLの血液となっています。

 

※詳しい献血の内容やできる条件などはこちら 献血条件(日本赤十字血液センター) をご覧ください。

 

● 献血できる場所

 ・ 鳥取県赤十字血液センター 

 

 ・ 移動採血車(全血献血) ⇒ 鳥取県内スケジュールはこちら

 

 

● 献血の手順

(1) 受付

  本人確認のため、運転免許証、献血カードなど提示。

 

(2) 問診回答

 

(3) 問診および血圧測定

 

(4) 血液検査

  貧血検査及び血液型の事前判定を行う血液検査の実施。

 

(5) 献血

  200・400mLの献血でおよそ20分。

  成分献血は60分から90分程度(採血量に応じて)の時間がかかります。

 

(6) 休憩 → 終了

  血液検査の結果は後日、本人に送付されます。

 

 

献血前の問診や血液検査などは、献血された貴重な血液を安心して治療に利用するためにもですが、献血されるご本人の健康状態の目安にもなるものです。

 

献血をとおして健康に関心を持っていただき、より多くの皆さんに御協力をいただきますようお願いします。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 中央保健センター
電話0857-20-3191
FAX0857-20-3199
メールアドレスhokencenter@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ