このページではJavaScriptを使用しています。

2015.08.10 住民票の写し等の請求における自署又は押印の制約撤廃を求める 1520-A0046-001

受付日: 2015.08.10   分類: 総務・総務一般・行政一般

タイトル
住民票の写し等の請求における自署又は押印の制約撤廃を求める

内容
 市民課の窓口は、住民基本台帳事務処理要領の条項を旗印に住民票の写し等の請求に自署又は押印を強制し、ゴム印での申請を完全に拒否している。申請者は窓口で自動車免許証等で本人確認手続きを済ませているにもかかわらずだ。本人確認手続きそれ自体が請求の意思を明らかにしていることではないのか。不条理な条項は即刻撤廃願うところである。因みに、このような対応は「鳥取市だけ」であることをお伝えします。

回答
 住民票の写し等の請求については、国が定める「住民基本台帳事務処理要領」に基づき、請求の意思を明らかにしていただくために、申請者に自署(またはゴム印等であれば押印)をお願いしているものです。
 この申請手続きについては、県内4市では米子市、境港市、また、県東部地区では、岩美町、八頭町、若桜町においても同様の取り扱いを行っています。
 本市としましては、個人情報保護及び真正性の確保の観点から、引き続き適正な運用を図ってまいりたいと考えておりますので、ご理解をよろしくお願いします。
 なお、窓口での運転免許証や健康保険証などの提示による本人確認は、請求の意思を確認するためではなく、なりすましなどによる不正取得を未然に防ぎ、皆様の大切な個人情報を守るために実施しておりますので併せてご理解をお願いします。  
 
 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   総務調整監 市民課
   (電話番号:0857-20-3491)
   (E-Mail:shimin@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp