新本庁舎の設計者を募集!

問い合わせ先本庁舎 庁舎整備局電話0857-20-3012ファクス0857-20-3029メールchoshaseibi@city.tottori.lg.jp

現在、新本庁舎の設計者を選定する公募型プロポーザルを実施しています。募集方針は、鳥取市新庁舎建設委員会の議論を踏まえ、次のとおりとしています。

  1. 共同企業体(代表企業とその他構成員)を結成することが条件
  2. 代表企業は、多くの提案の中で競争できるよう、市内を含め広く募集
  3. その他構成員は、可能な限り地元に発注することを踏まえ、市内企業に限定して募集

※共同企業体:複数の企業が一つの仕事を一緒になって行うために作る組織体

引き続き、市民のみなさんへの丁寧な情報提供に努めるとともに、広くご意見をいただきながら、取り組みを進めていきます。

◆設計者選定のスケジュール

設計者の選定は、有識者からなる鳥取市新庁舎建設委員会が行います。選定スケジュール(予定)は次のとおりです。

日にち代表企業その他構成員
9月14日(月)募集開始
10月1日(木)~8日(木)第1次審査
11月23日(月・祝)プレゼンテーション
・ヒアリング

11月23日(月・祝)~27日(金)第2次審査審査

※プレゼンテーション・ヒアリングは、市民のみなさんにご覧いただくため、公開を予定しています。時間や場所などの詳細については、とっとり市報11月号でお知らせする予定です。

◆平成31年の完成をめざして

市民の安全・安心なくらしを支える拠点となる新本庁舎の建設は、急がれる課題です。有利な財源である合併特例債の活用期限(平成32年3月末)も見据え、速やかに取り組みを進めます。

図:スケジュール(ガントチャート)

中核市お知らせコーナーvol.3

県から移譲される主な事務
【保健衛生行政に関する事務】
  • 薬局の開設許可
  • 飲食店営業等の許可
  • 理・美容所、クリーニング業の開設届出、旅館業、公衆浴場の営業許可 など
【福祉行政に関する事務】
  • 精神障がいに関すること
  • 障害者手帳の交付
  • 障がい福祉サービス事業者・介護サービス事業者の許認可・指導・監督
  • 養護老人ホームの設置認可・監督 など
【環境行政に関する事務】
  • 産業廃棄物処理施設、収集運搬業等の許可
  • 大気汚染の状況の常時監視
  • 浄化槽の設置等の届け出受理 など
【都市計画行政に関する事務】
  • 屋外広告業を営む者に対する指導・助言 など
【教育行政に関する事務】
  • 教職員(小・中学校)の初任者研修や10 年経験者研修等の法定研修
  • 重要文化財の現状変更等の許可、公開の許可 など

※保健所の業務(上記と一部重複)については、とっとり市報9 月号P22 を参照

問い合わせ先本庁舎 中核市推進監
電話0857-20-3125ファクス0857-20-3040
メールchukakushi@city.tottori.lg.jp

県から市へ移譲される事務

本市が中核市になると、保健衛生や福祉、環境、都市計画、教育などの分野において、県の事務の一部が移譲され、本市で事務を取り扱うようになります。

法令上、中核市へ移譲される事務や県条例などに基づき実施している事務、その他の関連事務など約2200事務について移譲を受けることで、県と市の間で調整がほぼまとまりました。

市民生活に関わりが深い多くのサービスを市民に身近な市役所が行うことで、日常的な相談から専門的な相談まできめ細かなサービス提供が可能となります。市が一連のサービスを担うことで、手続きがワンストップで行えるようになり、これまで、県庁や県の出先機関まで行っていただいていた手間が省け、事務処理もスピードアップします。