情報ひろば 10月

凡例
時アイコン =日時 所アイコン =場所 容アイコン =内容 対アイコン =対象 受アイコン =受付
条アイコン =条件 員アイコン =定員 数アイコン =数量 額アイコン =支給・助成額など
料アイコン =料金 募アイコン =募集期間・方法 持アイコン =持参するもの
問アイコン =問い合わせ先

福祉

認知症の人と家族の集い ~毎月第2金曜日開催~

場所
10月9日(金)10:00~12:00
場所
さざんか会館(富安二丁目)
内容
認知症の問題や介護の悩みなどの情報交換をしながら交流をする場
料金
無料
問い合わせ先
駅南庁舎高齢社会課電話0857-20-3453ファクス0857-20-3404
認知症に関する相談は次の各センターでも受けています。認知症コールセンター(認知症の人と家族の会鳥取県支部)
毎週月~金 10:00~18:00電話0859-37-6611
認知症疾患医療センター(渡辺病院)電話0857-39-1151

家族介護者の集い「スマイル・スマイル」

(1) 10 月14日(水) (2)11月4日(水)10:00~15 :00(9:50集合)

場所
さざんか会館玄関前集合
対象
家族介護者または介護に関心のある人
内容
(1)施設見学および施設の食事体験(特別養護老人ホームのでらはまゆう)
(2)もみじ狩り(智頭森林セラピー)
料金
各回1500円(バス代など)※ 当日集金します
募集期間・方法
(1)10月8日(木)まで (2)10月27日(火)まで
問い合わせ先
スマイル・スマイル事務局(駅南庁舎地域包括ケア推進室内)
電話0857-20-3453ファクス0857-20-3404

生活管理指導員の派遣

内容
家庭訪問による家事援助・指導(週1時間30分まで)
対象
要介護・要支援認定者を除く、要介護状態となるおそれのある虚弱な高齢者で、家事などの基本的生活習慣が十分でない人
料金
194円/30分(生活保護世帯は無料)
問い合わせ先
駅南庁舎高齢社会課
電話0857-20-3453ファクス0857-20-3404

鳥取ファミリー・サポート・センター(生活援助型)の協力会員募集

高齢者が地域の中で安心して暮らしていただけるよう、簡単な家事などの援助を行うファミリー・サポート・センター(生活援助型)を開設しています。センターでは、要望に応じて高齢者のお宅を訪問し、援助をしていただける協力会員を募集しています。

内容
食事の準備・後片付け、掃除、病院などへの付き添いなどの軽度で専門性を要しないもの ※登録料および会費無料
時間帯報酬(1時間あたり)
平日 7:00~20:00600円
平日 20:00~7:00
土日・祝祭日 終日
12月29日~1月3日 終日
800円
問い合わせ先
鳥取ファミリー・サポート・センター(さざんか会館1階)
電話0857-22-7474ファクス0857-39-2762
問い合わせ先
各町総合福祉センター
国府町電話0857-22-1880
福部町電話0857-75-2337
河原町電話0858-76-3125
用瀬町電話0858-87-2302
佐治町電話0858-89-1022
気高町電話0857-82-2727
鹿野町電話0857-84-3113
青谷町電話0857-85-0220

生活困窮や社会的弱者世帯の子どもの「学び」のサポート

市内5会場でそれぞれ毎週1回、19:00~20:30の間、子どもと保護者に対して、個々の状況に応じた学習支援と、学習の支援を通じた相談支援を実施しています。

様々な事情を抱えた子どもたちの学びの場ですので、希望する人すべてに参加していただけるとは限りません。まずはご相談ください。

問い合わせ先
鳥取市中央人権福祉センター
電話0857-24-8241ファクス0857-24-8067

障がい者を虐待から守りましょう

虐待は絶対にあってはならないことですが、虐待と気づかないまま起きているおそれもあります。障がい者虐待を防ぐためには早期に発見することが大切で、早めの対応や支援が、障がい者だけではなく、家族などの抱えている問題の解決にもつながります。障がい者虐待にかかわる通報、支援などの相談は市障がい者虐待防止センターまでお寄せください。

■平日(8:30~17:15)
問い合わせ先
駅南庁舎障がい福祉課電話0857-20-3474ファクス0857-20-3406
問い合わせ先
障がい者虐待防止センター電話0857-20-3479
■休日(24時間)・平日の夜間(17:15~8:30)
問い合わせ先
市役所休日夜間当直 電話0857-22-8111ファクス0857-22-7791

※休日や平日の夜間にご連絡された人には、当直から障がい福祉課の担当者へ連絡が入り、折り返し障がい福祉課の担当者から連絡します。

「認知症サポーターステッカー」の交付

市では、認知症についての正しい知識や対応の仕方を学び、認知症の人や家族の応援者となれる認知症サポーターを増やしていくために、地域や学校、職場に出向いて「認知症サポーター養成講座」を開催しています。10月から、養成講座を受けたお店や事業所に「認知症サポーターがいますステッカー」を交付します。

ステッカーを掲示することで、「認知症の人を支援し、認知症の人やその家族にとってやさしい企業・団体」の証しとなります。

詳細は各地域包括支援センターへお問い合わせください。

問い合わせ先
各地域包括支援センター(電話健康・病院ページ