このページではJavaScriptを使用しています。

2015.10.20 わらべ館の改善要望 1520-A0060-001

受付日: 2015.10.20   分類: 企画・文化芸術・文化芸術施設

タイトル
わらべ館の改善要望

内容
 私は、一昨年の大雨の日に、当わらべ館西側の階段で足を滑らせて大怪我をしました。足を滑らせたのは私の不注意もありましょうが、私の他にもこんな方は何人もいると聞いております。
 当館では良いイベントが沢山あり、今迄のように参加させて頂きたかったのですが、怪我後はとても怖くて暫らく行けませんでした。今日久しぶりに来させていただきましたが、どうかあの階段を何とか改善して下されば幸いです。
 これは、老人・子供の福祉、ひいては地域の発展や地方の創生にも役立つと思われますので、是非、積極的な対応をお願いいたします。具体的な要望は、次の2点です。
1 階段の真ん中に手摺りを付けて頂きたい。
2 朝9時に開館としても、駐車場などは少し前に鍵を開けて頂きたい。


回答
 わらべ館は、「童謡・唱歌の部屋」と「おもちゃの部屋」からなっており、童謡・唱歌に係る部分の整備については鳥取県、おもちゃに係る部分については鳥取市が負担して設置した複合文化施設で、管理運営は(公財)鳥取童謡・おもちゃ館に指定管理委託しています。
 わらべ館のバリアフリー化につきましては、入館者の皆さんから強い要望があり、平成27年1月に館内外の階段、スロープに手摺りを増設したところです。その際、西側階段にも、建物の壁に接した部分等に手摺りを新たに増設し、「いべんとほーる」まで安全にお越しいただけるよう改善いたしました。
 しかし、片側まひの方による利用も考えられますので、建物側だけでなく両側に手摺りを設置するのが望ましいことから、現在設置している建物側の手摺りから中央側へ約2メートルの位置にも手摺りの増設を検討したいと思います。
 ご要望のありました階段中央への手摺り設置につきましては、滝の前広場での屋外イベント、来館者の記念撮影の際、支障があったり、来場者が躓いて転落や転倒事故の危険性がありますので、ご要望にお応えすることができません。
 なお、「いべんとほーる」へは、わらべ館2階からもご入館できますので、受付職員に気軽にお声かけください。雨の日も安心してお越しいただけます。
 また、駐車場の開場につきましては、わらべ館地下駐車場が8時45分から利用できるようにしております。わらべ館には8時45分に開錠することについて徹底するよう改めてお伝えしたところです。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   企画推進部 文化芸術推進課
   (電話番号:0857-20-3226)
   (E-Mail:bunka@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp