★環水平アーク&ハロ出現(2015年5月22日)

 2015年5月22日(金)、上空に虹のような光の帯が出現しました。これは「環水平アーク」と呼ばれる現象で、虹が空気中の水滴によって見られるのと違って、空気中の氷晶によって現れるものです。今回のように長く、また色鮮やかな環水平アークは珍しく、さじアストロパークでもこれほどのものは撮影例がありません。また、太陽の近くには、淡いハロ(日暈)も一緒に見られ、環水平アークとの競演を楽しむことができました。