このページではJavaScriptを使用しています。

平成27年度 第6回青谷地域振興会議議事概要

日時:平成27年11月13日(金)午後3時00分~17時45分

 

会場:青谷町総合支所 第2会議室

 

 

 

【出席委員】

 

髙橋克己、鱸雅子、長谷川和郎、濵江康雄、奥谷吉男、鈴木光頼、北村佳子、松岡礼子

 

以上8名(敬称略)

 

 

 

【欠席委員】

 

津本和美、瀧洋子、長谷川英二、上田洋子

 

以上4名(敬称略)

 

 

 

【事務局】

 

国森支所長、武田副支所長兼地域振興課長(併教育委員会分室長兼中央公民館長)、秋田市民福祉課長、山本産業建設課長、早川水道局営業所長、長田地域振興課課長補佐、

 

綱田次長兼都市企画課長、河田都市企画課主査兼係長、梶財産経営課長、加藤財産経営課主任、平井創生戦略室企画員、細谷政策企画課主任

 

 

 

【日  程】

 

1 開  会

 

2 会長挨拶

 

3    

 

  協議事項

 

1)  鳥取市都市計画マスタープランの見直しについて(都市企画課)

 

   資料ダウンロード (1)

 

2)  公共施設における再配置の検討状況について(財産経営課)

 

   資料ダウンロード (1) (2) (3)

 

3)  簡易水道料金の改定について(農村整備課)

 

   資料ダウンロード (1) (2)

 

4)  10次鳥取市総合計画について(創生戦略室)

 

   

 

5)  青谷町版総合戦略について

 

資料ダウンロード (1)

 

6)  集落実態調査について

 

   資料ダウンロード (1)

 

報告事項

 

1)  企業誘致に係る意見書の回答について

 

   資料ダウンロード (1)

 

2)  青谷オープン卓球2015の開催について

 

3)  あおいちアンケート結果について

 

   資料ダウンロード (1)

 

4)  青谷ようこそまつりのあり方について

 

5 そ の 他

 

6 閉  

 

 

 

 

 

◎議事概要◎

 

鳥取市都市計画マスタープランの見直しについて

 

【委員】パブリックコメントは3月となっているが、関心度のこともあるが、一般的にパブリックコメントの件数はどうか。

 

【事務局】おおよそ1~2件、道の駅では6~7件ありましたが、全体的な傾向はわかりかねます。

 

 

 

【委員】どれだけ市民が理解するかが課題であり、いかに市民の意見を吸収するかである。

 

【事務局】市報等、様々な機会にお知らせしています。マスタープランは“方針”となっていますので、個々の事業になれば説明に出向くことを考えています。

 

 

 

【委員】方針を示すわけだから、周知を深める必要がある。住民にとってわかりやすく、やさしくまとめた資料としてほしい。流れを明確にした資料にしてほしい。

 

【事務局】全体構想はこれから説明させていただきます。ご意見を踏まえた資料を作成します。

 

 

 

【委員】コンパクトシティとなれば、効果的で住みよい地域となるが、外れた地域には、店もない、ガソリンスタンドもないというようなことになる。

 

【事務局】そこがどの地域でも難しい問題です。このまま何もしなければ全体が弱体していきます。30年~40年という長いスパンで、骨格部分を何とか生活に困らないよう維持する考えです。

 

 

 

 

 

公共施設における再配置の検討状況について

 

【委員】来年4月、どのような形で地域の意見を聞くのか。利用が少なくても住んでいる人の意見を聞いてほしい。

 

【事務局】地域全体の複合化も見据えた考え方です。利用している人の意見を聞きながら進めていきます。しかし、人口減少が進んでいることもあり、発想の転換の必要性を説明させていただくことになります。

 

 

 

【委員】利便性に影響を及ぼすとあるが、遠くなると行くことが難しい。残った高齢者はどうなるのか。段階をおっていかないと駄目である。

 

【事務局】施設種類を区分しながら考えていきます。

 

 

 

【委員】平成26年12月、平成27年10月のパブリックコメントの件数は。

 

【事務局】それぞれ、30名近くの方に27件、8名の方に27件の意見を頂きました。

 

 

 

【委員】住民の理解を求める努力が必要である。資料5ページの上段にあるが、廃止を含めた見直しなのか。また、更新の“一期”とは。

 

【事務局】廃止が独り歩きしているが、2施設を1施設にするというような見直しが基本です。一期とは10年区切りです。

 

 

 

【委員】当たり前としてあった施設であっても、廃止は仕方ない面もある。将来の財政面の問題もあるため、明確にした方がよい。平成28年2月のパブリックコメントは施設によって地域限定にするなど、工夫してほしい。

 

 

 

 

 

10次鳥取市総合計画について

 

【委員】市民が理解しやすいよう、ダイジェスト版、マンガ等を多用したものを作成してほしい。

 

【事務局】対応していきたいと思います。

 

 

 

【委員】結婚・子育ては多様化しているので、拒否感をもつ人もいるのではないか。

 

【事務局】ライフスタイルを踏まえたうえで進めていきます。

 

 

 

【委員】なぜ青谷だけ人口減少が激しいのか、分析は。

 

【事務局】伝統文化の継承が出来ておらず、町に対する愛着がないのではないかと考えています。鹿野は20年くらいかかって今があります。また、市内までの距離等、利便性の問題もあると思われます。

 

 

 

 

 

その他

 

【会長】次回地域振興会議より、委員提案をしたいと考えています。1~2名とし、1名5分程度でまちづくり等の提案をしていただければと思っています。

 

 

 

 

 

【第7回青谷地域振興会議の開催予定】

 

日時:平成28年1月(日時未定)

 

会場:青谷町総合支所 第2会議室(予定)

 

議題:未定

 

※開催日時、議題等についての詳細は地域振興課へお問い合わせください。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp