このページではJavaScriptを使用しています。

2015.11.09 県立美術館の建設地について 1520-A0066-001

受付日: 2015.11.09   分類: 企画・文化芸術・文化芸術施設

タイトル
県立美術館の建設地について

内容
 県内東・中・西部にお住いの方は、それぞれ県立美術館を地元に建設をしてほしいと思うことは当然のことだと思います。
 われら鳥取市民は、県内最多の人口を有する鳥取市に建設されることを望みますが、仮に鳥取市か米子市に候補地が絞られた場合、倉吉市を中心とする中部は利便性を考えると鳥取市の方を希望されることと考えますので、中部と東部で協働歩調をとり進めていただきたく思います。


回答
 鳥取市桂見の県立美術館建設計画凍結以来、本市は県に対し、毎年、凍結解除と本市への建設を強く要望してまいりました。
 県が新たに整備を検討している美術館につきましては、昨年、県立博物館現状・課題検討委員会の報告書の中で「市街地型」、「郊外型」の2つの美術館のあり方が示されています。
 現在、鳥取県美術館整備基本構想検討委員会において、美術館整備の方向性について検討が行われており、今後、同委員会において施設・設備の内容や規模とあわせ、その立地場所も検討されることとなっています。
 また、具体的な立地場所につきましては、12月から検討委員会の中に専門部会を設けて検討されると伺っています。
 本市といたしましては、この検討委員会や専門部会の議論の状況にあわせて、具体的な候補地の提案を行っていきたいと考えています。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   企画推進部 文化芸術推進課
   (電話番号:0857-20-3226)
   (E-Mail:bunka@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?