このページではJavaScriptを使用しています。

人権標語・ポスター入賞作品の紹介(平成27年度分)

 

 毎年12月4日から10日までは人権週間です。

 鳥取市では、世界人権宣言推進鳥取市実行委員会、鳥取市人権教育協議会企業部会、鳥取

市人権啓発企業連絡会と共催で、人権尊重の意識を広めることを目的に、市内の小・中学生

及び企業を対象に人権標語とポスターを応募した結果、多くの作品をご応募いただきました。

誠にありがとうございました。

 ご応募いただいた作品の中から人権標語30点(小・中学生15点、企業15点)、人権ポスター

10点を平成27年度の入賞作品として決定しましたので紹介します。

 

☆人権標語(小中学生の部)入賞作品の紹介

   人権標語(小中学生の部)には1030点の応募がありました。
   ここでは入賞した作品15点を紹介します。
◆一人より みんなと笑うと 楽しいよ
     倉田小学校5年  田村 菜摘(たむら なつみ)さん
 【作品への思い】
   わたしは、1人で笑うのも楽しいと思うけど、みんなと笑うほうが楽しいと思ったので、
  この作品を作りました。
◆ともだちを ぜったいまもる ぼくになる
     面影小学校2年  松田 來(まつだ らい)さん
 【作品への思い】
   ぼくがいじわるをされたときに、友だちがたすけてくれたことが、うれしかったのでこんどは、
  ぼくが友だちをまもってあげたいとおもってつくりました。
◆いやがらせ みんなの心に きずがつく
     面影小学校4年  川島 心蕗(かわしま こころ)さん
 【作品への思い】
   わたしは、いやがらせはわるいことで、してはいけないことだと思い、いやがらせがなくなって、
  一人一人がだいじにされてほしいという気持ちで、この作品を作りました。
◆人の和は 心がつながる 大きな輪
     面影小学校4年  大下 知輝(おおした ともき)さん
 【作品への思い】
   ぼくは、自分の学校から他の学校へ、そして、社会全体へと、いじめや差別のない、平和な世界
  になるように、人々の心がやさしい大きな輪でつながってほしいと思い、この作品を作りました。
◆友達を 思う心で 笑顔咲く
     面影小学校6年  田村 萌衣(たむら めい)さん
 【作品への思い】
   相手の気持ちを考えて、話したり、行動したりすることで、相手はうれしくて笑顔になります。
  それが増えて笑顔がたくさん咲くといいと思います。
◆人けんは みんなでいっしょに 守るもの
     明徳小学校5年  谷本 祐香(たにもと ゆうか)さん
 【作品への思い】
   人けんは1人1人にあるけんりなので、みんなで守りたいと思い、この作品をつくりました。
◆笑顔たくさん 君が笑うと わたしも笑う
     美保南小学校4年  岩永 雪那(いわなが ゆきな)さん
 【作品への思い】

   私は、相手の人が笑顔になると私も笑顔になります。私は、このような経験から友達が

    たくさんできました。だから、みんなも笑顔になって、楽しくて明るい人になり、私のように

    友達をたくさん作ってほしいと思ったので、この標語を作りました。

◆だれ一人 欠けてはいけない 大事な仲間
     神戸小学校6年  小山 香織(こやま かおり)さん
 【作品への思い】
   いやな思いをする人が減っていってほしいし、みんなが一人一人が大事な仲間だから、
  みんなで仲良くしてほしいと思ったからこの作品を作りました。
◆せかいじゅう みんなのえがおで つなごうね
     若葉台小学校3年  稲本 瑞己(いなもと みずき)さん
 【作品への思い】
   ぼくのまわりには、いやなことを言ったり言われたりして、悲しい思いをしている人もいます。
  でも、せかい中の人がみんなえがおになったら、せかい中がもっと幸せになると思い、この作
  品を作りました。
◆大切な きずなあるから わかり合う
     若葉台小学校3年  熊谷 悠佳(くまがい ゆたか)さん
 【作品への思い】
   大切な物と大切な人があるから、大切なきずなが見えると思います。みんなが、おたがいに
  分かりあえたらいいとねがってこの作品を作りました。
◆なかなおり うれしいきもち いいきもち
     稲葉山小学校1年  田中 葵(たなか あおい)さん
 【作品への思い】
   ぼくは、ともだちとけんかしたとき、かなしかったです。でも、なかなおりをしたとき、うれしかった
  ので、さくひんをつくりました。
◆やさしさは なかまをつくる まほうだね
     稲葉山小学校2年  中尾 圭汰(なかお けいた)さん
 【作品への思い】
   やさしいことばを友だちにつかうとしぜんと、友だちはえがおになって友だちもふえていくと
  思ったのでこの作ひんをつくりました。
◆だいじょうぶ こころをつなぐ てもつなぐ

     稲葉山小学校2年  馬渕 陽向子(まぶち ひなこ)さん

 【作品への思い】
   友だちとなかよく手をつないで、気もちもなかよくつながってほしいという気もちをこめて、
  この作ひんを作りました。
◆支えてる 誰かがきっと そばにいる
     気高中学校2年  猫山 真樹(ねこやま まさき)さん
 【作品への思い】
   人は、ひとりでは生きていけない。知らず知らずのうちに支えられていることを考えながら、
  この作品を作りました。
◆受け入れよう 十人十色の 私たち
     気高中学校2年  矢木 遥(やぎ はるか)さん
 【作品への思い】
   この標語に込めた思いは、私たちには個性があり、個性があることが私たちだから、それを
  大切に尊重しようということでした。その意味を込めて、この作品を作りました。

 

 

 

☆人権標語(企業の部)入賞作品の紹介

   人権標語(企業の部)には57社から412点の応募がありました。
   ここでは入賞した作品15点を紹介します。
◆次世代を担う子らへの贈り物 人を尊ぶ明るい社会
     エプソンリペア株式会社  河本 久栄(かわもと ひさえ)さん
 【作品への思い】
   子供達が大きくなった時に、いじめのない明るい社会になればと思い標語を作りました。
◆知らないことが差別を生み 知ることから始まる人権尊重
     日本交通株式会社  田中 隆(たなか たかし)さん
 【作品への思い】
   私達は自分の知らない事や自分と異質な人や、考えの違う人などとの接触を避けてしまうことが
  往々にしてありますが、避けてしまえばその本質を知ることが出来ず、時には穿った見方をし、それを
  排除しようとさえしてしまいます。それは双方に不幸なことだと思って標語に表現致しました。
◆見ないふり 聞かないふり 無関心の貴方も差別している
     日ノ丸自動車株式会社  吉田 久美枝(よしだ くみえ)さん
 【作品への思い】
   見ないふり聞かないふり何も言ってないからと差別をしていないと思っている人がいれば、私自身を
  含めて差別に関心を持って欲しい為にこの作品を作りました。
◆子に教え 親も芽生える 人権意識
     公益財団法人鳥取県保健事業団  高田 淳(たかだ あつし)さん
 【作品への思い】
   友人の子供の宿題を一緒に解いていたところ、大人になってから素直な答えが出なかった事に気付か
  されました。子供に教える事で、気付く事は多々あると感じた出来事です。
◆意識しよう 人の心と 自分の言葉
     積水ハウス株式会社山陰支店鳥取オフィス  竺原 秀樹(じくはら ひでき)さん
 【作品への思い】
   自分自身の心にいつも置いておきたい言葉です。
◆聞こえてますか?心の声とみんなの想い
     積水ハウス株式会社山陰支店鳥取オフィス  鷲尾 彬(わしお あきら)さん
 【作品への思い】
   誰しもが普段言葉にはできない思いを抱いている。そこに耳を傾ける気持ちが大事だと日々思い
  作りました。
◆思いやり みんなでつくる まあるい心
     株式会社エヌケーシー  笠本 千穂(かさもと ちほ)さん
 【作品への思い】
   辛いニュースが多い最近、思いやりの心で社会全体が明るくなるよう願い作成しました。
◆気付こう差別 学ぼう人権 行動しよう全員で
     株式会社エヌケーシー  福島 泰人(ふくしま やすと)さん
 【作品への思い】
   「気付き考え行動する」は物事を良い方向に変えていくうえで基本的なものであり、人権問題に
  おいてもその例外ではないという思いをこの標語に込めました。
◆傍観者 そんなあなたも共犯者 小さな勇気が世界を変える!
     鳥取瓦斯株式会社  谷口 真朗(たにぐち まさお)さん
 【作品への思い】
   正しい事は正しく、悪い事は悪いと誰もが堂々と胸を張って言える世の中になる事を願って標語を
  考えました。小さな勇気を後押しするきっかけになれば幸いです。
◆大切なのは気付くこと 身近に溢れる違和感に
     積水ハウス株式会社山陰支店鳥取オフィス  博田 恵子(はかた けいこ)さん
 【作品への思い】
   何かおかしいと感じた時に、立ち止まって考えることを大切にしたい。
◆見えてくる 目線を変えれば 相手の気持ち
     公益財団法人鳥取県保健事業団  梶村 康博(かじむら やすひろ)さん
 【作品への思い】
   様々な状況はありますが、相手の立場になって考え、多少でもより理解や共感ができればと思い、
  作成しました。
◆気付いた時が第一歩 考えよう 今の自分ができること
     日本交通株式会社  新田 恵利香(にった えりか)さん
 【作品への思い】
   人権問題に気付いた時、自分にできることを考え、小さなことでも行動に移せる人が増えれば、
  悲しむ人も減っていくのではないかと思い、この標語を作成しました。
◆助けあう 心がつなぐ 人と人
     日ノ丸自動車株式会社  森 佳苗(もり かなえ)さん
 【作品への思い】
   職場では後輩たちに「仕事は助け合いの心でやるもの」と教えるようにしています。人は1人で
  生きられません。仕事に限らず、人が生きていく上で助け合う心があればこそ人はつながり平和で
  穏やかな世の中になると思いこの標語を作りました。
◆知らん顔 鏡に映せば いやな顔
     株式会社メモワールイナバ  田中 恵(たなか めぐみ)さん
 【作品への思い】
   誰でも自分に不都合な事があったりすると、見て見ぬふりをしたり、嘘をつくこともあります。
  自分に嘘をつくことは出来ませんし、その時鏡に映る自分の顔はきっといやな顔だろうなと思って、
  この標語を作りました。
◆気づいてますか 言葉の暴力 かけていますか 感謝の言葉
     三洋テクノソリューションズ鳥取株式会社  矢芝 かずみ(やしば かずみ)さん
 【作品への思い】
   世の中から『言葉の暴力』といういじめが無くなるように!!また、目上目下関係なく、相手を思い
  やる気持ちを持ってほしいという思いで、この標語を作りました。

 

 

☆人権ポスター入賞作品の紹介

   人権ポスターには4校49点の応募がありました。
   ここでは入賞した作品10点を紹介します。
   


◆ありがとうは 魔法の言葉
     
   気高中学校1年  木村 理瑞(きむら りず)さん


  【作品への思い】
   世界中の人が差別なく、つながり合える世の中になったらいいな、

    と思い、この作品を作りました。いろいろな人がいる、ということを

    伝えたかったです。みんなが笑顔になれたらいいな☆

 

 

◆みんなで守ろう その気持ち
    
 気高中学校1年  清水 美郷(しみず みさと)さん


  【作品への思い】
   
私は時々、悲しくなるときがあります。それは誰かに何かをされたわけ

  でもないし、したわけでもありません。でも、なぜか急に、とても悲しく

  なるのです。そんな私の心を描いたのがこの作品です。たくさんの人と

  毎日を過ごす中学校生活の中で、誰もが何かしら、なやみや不安がある

  と思います。そんな暗い気持ちの理由を聞いてあげたり、守ってあげたり、

  自分の心も大切にして、誰もがいつのも温かい心で過ごせたら良いと

  思って描きました。

 


◆差別はなくせる
 

  気高中学校1年  藤丸 倫実(ふじまる みちのり)さん

 

  【作品への思い】
    ぼくは、テレビや新聞を見て、人の色などで差別をされている人がい

   ることを知って、世界中のどの人もみんなが人間なのに差別があるのは

   いやだと思ったので、世界中のどの人も同じだということを表すために、

   世界の国旗と地球をかきました。


    
 


◆思いやる心で誰かが救われる 

 

  気高中学校1年  安藤 梓紗(あんどう あずさ)さん


  【作品への思い】
    
みんなが1人1人の気持ちを考えたり、思いやる心を持ったらいじめ

   はなくなると思うので、その気持ちを込めてこの作品を作りました。


    
 


◆いじめのない 未来へ

 

  気高中学校2年  徳永 果音(とくなが かのん)さん

 

  【作品への思い】
   私たちの未来が、いじめのない誰もが気持ちよくのびのびと生活し、

  笑顔で過せる世界になってほしいという願いをこめてかきました。ドアの

  ふちをあえてはっきりさせなかったのは、未来は誰にも分からなくて、い

  つでも自分の手で変えられるということを伝えたかったからです。

 

  
 


◆開こう 心の窓
 


  気高中学校2年  吉田 瞳美(よしだ ひとみ)さん

 

  【作品への思い】
   このポスターに描いてあるように、みんなが心の窓を開いて、それぞれ

  の気持ちを、伝えあい、分かりあえるような世界にしていきたいという

  願いをこめて、このポスターを描きました。みんなが心を開けば、もっと

  明るい世界になると思います!

  
 


◆勇気を出せば 笑顔に繋がる
 

  北中学校2年  太田 桃恵(おおた ももえ)さん

 

  【作品への思い】
  
 いじめは、見ている人たちもいじめている人たちの一部だと私は思い

  ました。いじめられている人を助けるには、周りの人が助けないと何も

  決はしないと思い、まずは勇気を出して自分から動けば、最終的にみんな

  が笑顔で学校生活をおくっていけるのではないかと思ったので、このような

  ポスターをかきました。

   
 


◆つながる心で 伝わる思い
 

  北中学校2年  片山 実咲(かたやま みさき)さん
  

  【作品への思い】
   
私は耳がきこえない人も耳がきこえる人も毎日楽しいと思えるような

  世界になってほしいと思い、このポスターをかきました。手話も浸透し、

  たくさんの人が障碍について知ってほしいと思います。

   
 


◆あなたの悲しみを 分かってくれる人がいる
 

  東中学校3年  前田 結花(まえた ゆか)さん


  【作品への思い】
   
いじめや嫌がらせなどで辛かったり苦しかったり悲しかったりする人に、

  悲しみを抱えているのは一人だけじゃないし、きっとその思いを分かって

  くれる人がいるという事を分かってもらうためと、悲しんでいる人に手を

  差しのべてほしくて、この作品を描きました。


  
 


◆あなたの心は 笑っている?
 

  東中学校3年  米本 郁美(よねもと いくみ)さん

  
  【作品への思い】
   
私はいじめられていたときみんなの前ではいつも笑っていました。でも

  本当はつらくて苦しい日々でした。そんな私のような人もいることを多く

  の人々に知ってもらうために、この作品を描きました。

    

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
人権推進課
電話0857-20-3143
FAX0857-20-3052
メールアドレスjinken@city.tottori.lg.jp