ピックアップインフォメーション 12月

平成28年4月1日から小児特別医療費助成の対象年齢が拡大されます

問い合わせ先駅南庁舎保険年金課医療助成係
電話0857-20-3486ファクス0857-20-3407

子育て世帯の負担を軽減するとともに、子どもたちが安心して必要な医療をうけられるように、鳥取県と共同して小児特別医療費助成制度を実施しています。

さらにこの制度の充実を図るため、平成28年4月1日より対象年齢を拡大します。

●入院・通院とも対象年齢が拡大されます。

改正前改正後
中学校卒業まで18歳に達する日以後の最初の3月31日まで

●患者負担額の変更はありません。

入院:1200 円/ 日
(低所得者世帯は月15日を限度とし、16日以降は不要)

※低所得者世帯:市民税非課税世帯で「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けている人

通院:530円/ 回
(同一医療機関の場合月4回を限度とし5回目以降は無料)

※平成28年3月下旬に新しい資格証を郵送します。

空き家を利活用しませんか?

問い合わせ先本庁舎中心市街地整備課 電話0857-20-3276ファクス0857-20-3048
メールshigaichiseibi@city.tottori.lg.jp

鳥取市空き家情報バンク(鳥取市全域の空き家対象)

空き家の賃貸・売却を希望する人から申込みを受けた情報を空き家の利活用を希望する人に紹介する制度です。

空き家をお持ちのみなさん、空き家をお探しのみなさん、お問い合わせをお待ちしています。

鳥取市街なか空き家改修支援事業補助金
(中心市街地区域の空き家対象)

空き家の住宅機能向上のために行う改修工事(総額50万円以上の工事)に要する費用の一部を補助します。

対象者
空き家購入者、賃貸人、または所有者などの承諾を得た賃借人で空き家を改修する人
居住要件
改修後の居住者は中心市街地外より中心市街地内に転入すること
補助額など
補助対象経費の5分の1(一戸当たり上限50万円)
募集期間
随時受付中(着工前の工事に限ります。)

※平成28年3月25日までに工事が完了し、居住者が決定していること

※詳しくは、お問い合わせください。

道路に張り出した枝の切り取りにご協力をお願いします

問い合わせ先本庁舎道路課電話0857-20-3261ファクス0857-20-3048

市道において、隣接する個人宅などや山林から道路上に枝などが張り出している事例が見受けられます。生垣や植木などの緑は、生活に潤いを与えてくれる大切なものですが、公の場所である道路まで伸びてしまった枝などは、道幅を狭く感じさせ、通行上の安全を確保するうえで問題があります。これらが原因となり、車両や歩行者に事故が発生した場合には、所有者が賠償責任を負わなければならなくなることもあります。

道路を使う人はもちろん、快適に暮らすためにも、もう一度家の周り等の所有地を見回りしていただき、お手入れをしていただくようご協力をお願いします。

※私有地から、道路上に張り出している枝や葉は、土地所有者に所有権があるため、倒木などの緊急時を除き、市で勝手に剪定することはできません。

※次のような状況が見られる土地所有者は、樹木の伐採、又は枝払いをお願いします。

  • 道路、歩道へ樹木が張り出している。
  • 枯れ木、折れ枝などによる通行への障害がある、又はその恐れがある。
  • 竹木の繁茂により通行への障害がある、又はその恐れがある。

第10回全国学校給食甲子園青谷の学校給食が鳥取県一に!!

問い合わせ先第二庁舎学校保健給食課電話0857-20-3372ファクス0857-29-0824
写真:給食センター前で記念写真 写真:青谷ジオパークエリア拡大おめでとう献立

鳥取市青谷町学校給食センターの團野由恵学校栄養主任が考案した学校給食が、地場産物を活かした学校給食の日本一を決定する、「全国学校給食甲子園」の鳥取県代表に選ばれました。

◆青谷ジオパークエリア拡大おめでとう献立

●上寺地赤飯●牛乳
●はまち団子の煮つけ●小煮物
●夏泊あまちゃん日本海汁●いちご