このページではJavaScriptを使用しています。

第5回 国府地域振興会議議事概要

日 時:平成27年10月22日(木)13時30分~16時10分

 

場 所:国府町総合支所

 

〔出席委員〕

 森原喜久、山﨑豪太郎、正木直志、森田わか子、廣瀬いつ子、木下敏明、岸本武司、

安木秀明、長尾具子

 

〔欠席委員〕

 林田博通、田中道春、村尾馨

 

〔生涯学習・スポーツ課〕

 奥村上課長、高野課長補佐

 

〔事務局〕

 安本支所長、山本副支所長兼地域振興課長併教育委員会国府町分室長兼国府町中央

公民館長、加藤市民福祉課長兼国府地区保健センター所長兼麻生児童館長、前田産業

建設課長、山中地域振興課課長補佐

 

 

 

◎会議次第

 

1 開会

 

2 会長あいさつ

 

3 協議事項

 

(1)基幹公民館の位置付け検討について

 

4 その他

 

5 閉会 

 

 

 

 議事概要

 

1 開会(事務局) 会議成立確認

 

2 会長あいさつ

 

3 協議事項

 

 

(1)基幹公民館の位置付け検討について

 

 

  (奥村上課長、高野課長補佐 資料1「基幹公民館(新市域の中央公民館)の位置

   付け検討について」により説明)

 

 

 

(会長)

 質疑に入ります。

 

 

(委員)

 この資料では、中央公民館がコミュニティ施設へ移行することにより、中央公民館・地

区公民館がどう変わるのかがわからないので具体的に説明願いたい。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 地区公民館は何も変わりません。中央公民館からコミュニティ施設への移行後も、中央

公民館の使用方法・使用料金については基本的に変わりません。また、現在の教育委員会

分室職員の中央公民館職員との兼務は解除します。中央公民館が行ってきた事業は、教育

委員会分室が基本的に引き継ぐ予定であるため、現在と変わりません。中央公民館の名称

変更が考えられますし、地域の活性化、生涯学習のより一層の推進といった目的もありま

すが、施設の柔軟な利活用が考えられます。

 

 

(委員

 地区公民館の名称変更はあるか。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 ありません。

 

 

(委員)

 地区公民館の所管が市長部局となった平成20年4月から7年経過しているが、不具合

はなかったか。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 地区公民館の所管が教育委員会から市長部局の協働推進課に移っただけです。このた

め、実質的には、中央公民館が地域内の地区公民館をまとめる役割がなくなりました。ま

ちづくりとセットになって地区公民館活動が活発になり、もともと中央公民館が果たして

いた役割が薄れてきたので見直す時期かなと思っています。

 

 

(委員)

 合併後に中央公民館の事務所に教育委員会分室が入ったということを、住民は認識して

いなかったと思う。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 住民からすると、そもそもそういう感覚がなかったと思います。

 

 

(委員)

 この際、あり方全てを変えたらと思う。もう一つ、公民館の関係で市や地域の会合が多

すぎて、職員が公民館にいないことが多々ある。今の中央公民館ホールは、いつも空いて

いる感じがする。活用できるように変えたらどうだ。一部の住民しか行かない施設ではど

うしようもない。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 変えなければと思いながら何も進んできませんでした。大きな課題意識を持っていま

す。公民館を、まちづくり・地域活性化のために使うことを考えてきたのですが、生涯学

習の推進は別の柱で考える必要があると思います。ホールは、まちづくりや地域活性化の

ため最大限有効活用を図っていきたいと思います。

 

 

(委員)

 今、基幹公民館はどういうことをしているのか。地区公民館の所管が教育委員会から市

長部局に移ったといったが、指揮命令系統はどうなっているか。市公民館条例が変わって

いないのに、中央公民館が地区公民館をまとめる役割がなくなっている。また、変更理由

に営利目的のことがあったが、生涯学習のための営利事業は認められるべきだと思う。条

例を変えたらどうだ。

 

 

(事務局)

 中央公民館は、施設維持管理、全地域対象の生涯学習事業、例えば万葉学校等の高齢者

対象事業、青少年育成事業や読書指導などを行っています。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 鳥取市公民館条例施行規則上、基幹公民館の館長は地区公民館を総括するとなっていま

す。鳥取市教育委員会事務局等組織規則上は、地区公民館の管理・運営に関することを市

長部局に補助執行するとなっています。

 

 

(委員)

 基幹公民館をなくして、地域の一本化ができるのか。今の提案では地区公民館の事業が

主体となり、全地域、対象地域での事業が減少してくる。条例を変えて建物管理だけにし

て、生涯学習の部分については、任を解きましょうとした時には、ファシリティ・マネー

ジメント推進の中、中央公民館の利用が少ないから廃止しましょうとなってしまうのでは

ないか。基幹公民館をなくして、地域の一本化ができるのか。新市域振興ビジョンの推進

を国府地域として一本化していけるような、支所長が権限を持ってやっていけるような体

制を作ってほしい。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 任を解いて生涯学習をやめますということではありません。さらに強化しなければと思

っています。

 

 

(委員)

 条例を実態に合うようにしたらどうだ。

 

 

(委員)

 基幹公民館のあり方、方向性等を運営委員会で検討したらどうだ。営利目的が問題にな

るのであれば、そこのところの条例を変更すればよいのではないか。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 基幹公民館に運営委員会は設置されていません。条例の居場所を変えるだけで、もう少

し自由に使えるように、ただ単に門戸を広げるということです。

 

 

(委員)

 地区単位でまちづくりを推進していこうという方向に市は進んでいる。

 

 

(委員)

 地区公民館と同じように、基幹公民館を支所に移管することはできないか。新市域振興

ビジョンは地域に一つであり、これをまとめるのに基幹公民館が位置付けられると思う。

今の条例に基幹公民館を設置するとなっているから設置しなければということではないの

か。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 合併した各地域に、基幹公民館を設置しなければならないという条例はありません。建

物があるから条例に設置しているということです。これがなくなったら廃止します。

 

 

(委員)

 公民館条例には生涯学習というソフトが入っているのではないか。ハードだけの条例に

するのですかということ。ソフト部分は地区公民館は業務移管で市長部局の方に移ってい

るが、基幹公民館は宙ぶらりんになっているので、それを直しましょうという話でしょ

う。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 形に捕らわれるのではなく、実際活用されている施設かどうかが大きな争点になりま

す。

 

 

(委員)

 各新市域に一つの振興ビジョンができている。基幹公民館は、支所長がこれを進めてい

くのに重要な組織ではないですかと言っている。

 

 

(事務局)

 地区公民館を束ねる組織として基幹公民館が必要だという考え方はありますが、必ずし

もそうではないと思います。仮に社会教育法の縛りが外れたとしても、生涯学習はどんど

ん進めていけばよいと思います。現実に全国の市町村では、社会教育法の縛りがかかって

いる公民館は面倒なので返上して、コミュニティーセンターとして、事業を進めていると

いうところもあります。また、地区公民館は指定管理者制度に移行していく方向がありま

す。本市もおそらく検討されるだろうと思います。今回、最低限の見直しを提案していま

す。次のステップをみなさまで注視していただく必要があろうかと思います。

 

 

(会長)

 ただこの地域だけの問題ではない。この会議の一つの課題として検討していくことにな

ると思う。説明を聞いたということにします。

 

 

(委員)

 意見交換は今回だけか。

 

 

(生涯学習・スポーツ課)

 八つの新市域を同じステップで進めていこうとは考えていません。必要であれば、各地

域の実情に合わせてご意見を伺いたいと思います。

 

 

 

4 その他

 

 

(委員)

 青翔開智中・高校の避難所指定について、8月のこの会で話をしたが、あれから2月経

過しているのに何の連絡もない。

 

 

(事務局)

 8月に危機管理課と支所で学校を訪問し、基本的な話はしています。具体的なことにつ

いて、危機管理課と学校で協議中であり、未だ書面による締結に至っていませんので、動

きがあり次第連絡をします。

 

 

 

 

 

(会長)

 前回8月の本会議で、市からの議題だけでなくこの地域の課題等があれば各委員から提

案していただいて話し合ってはどうかということがありましたので提案させていただきま

す。

 

 

(事務局)

 次回はこういうことで意見交換をしたいということで提案されて、その中の一つを話し

合うことになると思います。

 

 

(委員)

 事前に、2週間くらい前に書面として出してもらうということではどうか。

 

 

(委員)

 たくさん出てきたら、優先順位を決めることになると思う。

 

 

(会長)

 やってみることに決定したい。

 

 

 

 

 

   山本副支所長が、鳥取市創生総合戦略・人口ビジョンについて、資料「鳥取市創生

  総合戦略」、「鳥取市人口ビジョン」、「鳥取市創生総合戦略策定に係る地域振興会

  議委員からの意見等対応」により、また、議会報告会こくふまつりについて、各チ

  ラシにより説明した。

 

 

 

 

 

   質疑なし

 

 

 

 

 

事務局)

 会長との協議の結果、次回は11月19日(木)に開催することになりました。

 

 

 

 

 

5 閉会

 

 

 

 

 


 

 

ページ上部に戻る

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)