平成27年市政10大ニュース

鳥取市の平成27年はどんな年だったでしょうか?

市民のみなさんに関わりの深い市政に関する出来事の中から、自治会や文化、福祉、教育、経済界などでご活躍中の12人が平成27年市政10大ニュースを選考しました。

問い合わせ先本庁舎広報室電話0857-20-3159ファクス0857-20-3056

1位鳥取市人口ビジョン・鳥取市創生総合戦略の策定

写真

本市の持つ魅力を最大限に生かした施策を実施し、人口減少の抑制につなげるとともに、めざす将来像である「いつまでも暮らしたい、誰もが暮らしたくなる、自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市」の実現に向け、『鳥取市人口ビジョン』『鳥取市創生総合戦略』を9月30日に策定しました。「ひとづくり・しごとづくり・まちづくり」を3つの柱に位置づけ、平成31年度までの5年間を戦略期間とし、「郷土愛を育み人がつながるまちむら創生」を進めます。

2位平成30年4月の中核市移行に向けて前進

写真

平成26年6月に市長が中核市移行を表明して以来、県・市間で事務協議を進め、県から約2200事務の移譲を受けるよう調整しました。9月には、市議会で「鳥取市の中核市移行の推進に関する決議」がなされました。12月には、保健所の基本的な方針を示した「鳥取市保健所設置基本構想」を策定し、今後、保健所を駅南庁舎に整備することと併せて、駅南庁舎を健康・環境衛生・子育てなどの総合支援の拠点とすることにしています。

3位新本庁舎建設へ向けた取組が前進中

写真

平成26年12月市議会定例会において、鳥取市役所の本庁舎の位置を旧市立病院跡地に定める条例が可決されました。これを受け、7月に「みんなでつくるとっとり市庁舎の考え方」を基本計画として決定し、11月には公募型プロポーザルにより設計者を選定。費用の抑制に最大限努めるとともに、市民の安全、安心なくらしを支える拠点となるよう、平成31年の新本庁舎の完成に向けた取り組みを進めています。

4位ジャマイカ陸上チーム鳥取キャンプに市民沸く

写真

ジャマイカ陸上チームが、8月8日から18日までコカ・コーラウエストスポーツパークで世界陸上事前キャンプを実施。2日間の公開練習に詰めかけた1万2500人の観客の前で素晴らしいパフォーマンスを披露しました。期間中には、市内の保育園などを選手が訪問し、市民との交流も行われました。

5位鳥取市医療看護専門学校開学

写真

医師・看護師・理学療法士など医療専門職の不足問題は、本市でも深刻な状況にありますが、本市で誘致から開学までの支援を行ってきた鳥取市医療看護専門学校が4月に開学しました。次代の地域医療を担う人材を育成し、看護師などの慢性的不足を解消するとともに、若者定住による地域活力の創造をめざしていきます。

6位鳥取市公式フォトガイドブック「すごい!鳥取市 100SUGO ! BOOK」発刊

写真

写真家浅田政志さんが、鳥取市の「すごいネタ」100を撮り下ろした、鳥取市公式フォトガイドブックが10月31日に全国発売されました。また、フォトガイドブック発売を記念した写真展を都内と市内で開催し、「すごい! 鳥取市」という都市イメージの更なる周知を図りました。

7位APGN 山陰海岸シンポジウム日本初開催と世界ジオパークのユネスコ正式事業化

写真

9月16~20日に、第4回アジア太平洋ジオパークネットワーク山陰海岸シンポジウムが日本で初めて開催され、国内外から約600人が参加しました。また、11月17日には、世界ジオパークネットワークの活動が、ユネスコの正式事業として認定され、「ユネスコ・グローバル・ジオパーク」となりました。

8位優良企業の進出決定相次ぐ

写真

3月に共和薬品工業株式会社、4月に株式会社イナテック、今井航空機器工業株式会社、5月に株式会社マルサンアイと、100名以上の雇用計画を伴う企業の大規模進出が決定しました。6月には「第3次鳥取市経済再生・雇用創造戦略」の改訂版を策定し、さらなる本市の経済再生や雇用創造に取り組んでいきます。

9位「公共施設の更新問題」への対応指針「鳥取市公共施設の経営基本方針」を策定

写真

全国の自治体で大きな課題となっている「公共施設の更新問題」を乗り越えるため、2月に取組の指針となる「鳥取市公共施設の経営基本方針」を策定しました。今後は、この方針に基づき、個別施設の具体的な方向性を検討し、将来を見据えた総合的な『新しい公共施設経営』に取り組んでいきます。

10位鳥取市プレミアム付き地域振興券「ふくちゃん券」を発行

写真

地方創生の取り組みの一環として、鳥取市プレミアム付き地域振興券「ふくちゃん券」を発行しました。事業主体の鳥取市商店街振興組合連合会は、全国でもトップクラスの早さとなる2月20日から購入予約を開始。3カ月間で約10万7000冊を販売し、地域経済の活性化、市民生活の支援に大きく寄与しました。

選考委員

(選考会は平成27年11月27日開催)
鳥取市自治連合会会長渡邊 勘治郎(わたなべかんじろう) さん
鳥取市文化団体協議会会長稲垣 晴雲(いながきせいうん) さん
鳥取市社会福祉協議会会長下石 義忠(おろじよしただ) さん
鳥取市教育委員会委員山脇 彰子(やまわきあきこ) さん
鳥取市若者会議会長北谷 萌(きたたにもえ) さん
鳥取青年会議所理事長森原 真(もりはらまこと) さん
鳥取市政懇話会委員小谷 文夫(こたにふみお) さん
市政記者クラブ会員副島 衣緒里(そえじまいおり) さん
市政記者クラブ会員福田 浩大(ふくたこうだい) さん
市政記者クラブ会員安井 徹仁(やすいてつひと) さん
鳥取市議会議長房安 光(ふさやすひかる) さん
鳥取市市長深澤 義彦(ふかざわよしひこ)