このページではJavaScriptを使用しています。

平成29年度 就学援助の制度について

 この制度は小学校、中学校に就学するお子様のご家庭で、経済的な理由により、教育費に困っておられる保護者に対し、学用品費や修学旅行費、給食費等の一部を援助するものです。

 受給を希望される保護者の方は、以下の事項に留意し、「就学援助費交付対象者認定兼交付申請書」を就学先の小・中学校に提出してください。

対象者

 この制度は、生活保護法による保護を受けていないが、これに準ずる程度に生活に困窮している方を対象としています。

 次の事項に該当する方は、該当する旨証明する書類を確認のうえ、対象者として決定します。

 

(1) 生活保護が停止又は廃止になった方

(2) 市民税が非課税で次の要件に該当する方

  障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下の方

(3) 市民税の減免、固定資産税の減免、国民年金保険料の減免を受けている方

(4) 国民健康保険料の減免(軽減ではありません)、又は徴収の猶予を受けている方

(5) 児童扶養手当の支給を受けている方

(6) 生活福祉資金による貸付を受けている方

(7) その他、特別な事情によりお困りの方

 

※(7)の方の認定にあたっては、ご家族の収入や生活状況などから総合的に判断し、援助が必要かどうかを決定するため、世帯の前年所得の分かる書類(平成28年分源泉徴収票など)の写しが必要です。

 

援助の内容について

 学用品費(通学用品費含む)・新入学児童生徒学用品費・修学旅行費・通学費・学校給食費・校外活動費など。(鳥取市在住で鳥取大学附属小学校・中学校在学の方は、支給費目が異なります。)


 詳細は、こちらをご確認ください。

 

就学援助費の交付申請について

1.提出先 … お子様の就学されている各小・中学校に提出してください。

        ※平成29年度に小学校へ入学される場合は、入学予定の学校へ提出してください。

2.申請書は、各小・中学校、鳥取市教育委員会学校保健給食課(鳥取市役所第2庁舎3階)、各総合支所の教育委員会分室にあります。

3.申請時には、申請理由の内容について確認できる書類の写しが必要です。

4.現在受給されている方も、年度ごとに申請していただく必要がありますので、期限までに申請していただくようご注意ください。

5.年度中途での申請も随時受け付けていますが、認定月以降が支給対象となります。

  ※15日までに受付した場合は、申請した月から、それ以降は翌月からの支給となります。

   (15日が土日祝日の場合はその前の日となります。)

 

 申請書は下記からダウンロードすることができます。
 
 詳しくは、お子様の就学されている各小中学校 または、鳥取市教育委員会学校保健給食課までご相談ください。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
教育委員会 学校保健給食課
電話0857-20-3376
FAX0857-29-0824
メールアドレスkyo-hokyu@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)