このページではJavaScriptを使用しています。

医療機関で受診するとき

医療機関等にかかるときに窓口で提示する証と負担割合は以下の表のとおりです。

 

 

年齢

自己負担割合

提示する証 

義務教育就学前

2割

 ・国民健康保険証

義務教育就学後 70歳未満

3割

 ・国民健康保険証

70歳以上

75歳未満

昭和19年4月1日

以前生まれの人

1割

 ・国民健康保険証

 ・高齢受給者証

昭和19年4月2日

以降生まれの人

2割

現役並み所得の人

3割

 

 

 

70歳以上75歳未満の人の負担割合について

 

・現役並み所得の人とは、同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人です。(ただし、下記表に該当する場合、申請すれば2割(昭和194月1日以前生まれの人は1割)負担となります。)

 

条件

人数

前年の収入

1~7月は前々年)

変更後負担割合 

 同じ世帯で70歳から75歳未満

 の国保被保険者の人数

1人

383万円未満

 2割(昭和19年4月1日以前

 生まれの人は1割)

2人以上

520万円未満

 同じ世帯で

 後期高齢者医療制度被保険者

  (旧国保被保険者)がいる場合

合わせて

520万円未満

 

・現役並み所得の人がいる世帯で、昭和20年1月2日以降生まれの70歳から75歳未満の国保被保険者がいる場合、70歳から75歳未満の人の基礎控除後の総所得金額等の合計額が210万円以下であれば、2割(昭和194月1日以前生まれの人は1割)負担となります。

 

◆ご注意ください

・高齢受給者証における1割の人の自己負担割合の表示は「2割(特例措置により1割)」です。

 

 

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp