このページではJavaScriptを使用しています。

子どもが生まれたとき(出産育児一時金)

国民健康保険の被保険者が出産したときは、申請により世帯主に支給されます

 

 〇妊娠12週(85日)以上であれば死産・流産でも支給されます。

 〇一児につき42万円(産科医療保障制度に加入していない医療機関等で出産した場合は404,000円)支給されます。

 

※産科医療補償制度に関する詳しい情報は、(財)日本医療機能評価機構の産科医療補償制度に関するホームページをご覧ください

 

 

直接支払制度を利用する人

 

出産を予定されている医療機関で合意文書に同意されると、鳥取市国保から医療機関へ出産費用(出産育児一時金の額の範囲内)を直接支払います。

出産費用との差額がある場合は、原則退院された翌月(異常分娩の場合は翌々月)に、支給決定通知書と支給申請書を送付しますので、必要事項をご記入の上、保険年金課に提出してください。

 

こんなとき

届出・申請の種類

手続に必要なもの

 国保被保険者が出産したとき

 ・出産育児一時金
    差額支給申請

 

 ・出産育児一時金
    内払金支給依頼

 

 ・支給決定通知

 ・届出人の本人確認書類

 ・世帯主の預金通帳と印かん

 ・領収明細書

 ・医療機関との合意文書

 ・世帯主のマイナンバー確認書類

 ・出産した人の保険証とマイナンバー確認書類

 

 

 

◆ご注意ください

 

・会社等の保険への加入期間が1年以上あり、退職後6か月以内の出産の場合は、会社等の保険から出産育児一時金の支給を受けられます。

 

 

 

 

直接支払制度を利用しない人

 

医療機関で出産費の全額をお支払いただいた後、保険年金課で支給申請してください

 

 

こんなとき

届出・申請の種類

手続に必要なもの

 国保被保険者が出産したとき

出産育児一時金支給申請

 

 ・母子健康手帳

  (または出生証明書か死産証明書の写し)

 ・届出人の本人確認書類

 ・世帯主の預金通帳と印かん

 ・領収明細書

 ・医療機関との合意文書

  (海外で出産された場合は不要)

 ・世帯主のマイナンバー確認書類

 ・出産した人の保険証とマイナンバー確認書類

 

 

◆ご注意ください

・出産育児一時金のお支払いは、原則世帯主に振り込みとなります。世帯主以外の人の口座へ振り込みを希望される場合は、委任状が必要です。

・出産日の翌日から2年を過ぎると支給されません

 

 

 

サイト内リンク

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp