このページではJavaScriptを使用しています。

特定疾病で長期間高額な治療が続くとき

高額な治療を長期間継続して受ける必要がある特定疾病の人は、「特定疾病療養受療証」を医療機関などで提示すれば、その病気に関係する自己負担額が1か月1万円又は2万円までとなります。

 

 

こんなとき

届出・申請の種類

手続に必要なもの

 特定疾病で

 長期間高額な治療が続くとき

特定疾病療養受療証

交付申請

 

 ・特定疾病療養受療証交付申請書

  (医師の意見欄の記載があるもの※)

 ・届出人の本人確認書類

 ・世帯主のマイナンバー

 ・印かん

 ・認定対象者の保険証とマイナンバー

 

 

 

対象となる疾病

 

・血友病

・人工腎臓を実施している慢性腎不全

・抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群

 

※慢性腎不全で、人口透析を要する70歳未満の上位所得者については、自己負担限度額は1か月に2万円までとなります。(上位所得者とは、国民健康保険料の算定の基礎となる基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯の人で、所得の確認ができない未申告の人もこれに含まれます。)

 

 

◆ご注意ください

 

・慢性腎不全の人で、身体障がい者手帳で確認ができる場合は、医師の意見欄の記載は必要ありません。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp