このページではJavaScriptを使用しています。

加入者が死亡したとき(葬祭費)

加入者が死亡したときは、葬祭執行者(喪主)に対して3万円の葬祭費が支給されます

 

 

こんなとき

届出・申請の種類

手続に必要なもの

国民健康保険加入者が死亡したとき

葬祭費支給申請

 

 ・死亡者の保険証

 ・届出人(葬祭執行者)のマイナンバー確認書類

 ・届出人の本人確認書類

 ・印かん

 

 

◆ご注意ください

・国民健康保険加入前に、会社等の健康保険に被保険者として加入していた人(被扶養者は除く)が、健康保険の資格を喪失してから3ヶ月以内に亡くなった場合は、健康保険から埋葬料の支給が受けられます。その場合は、国民健康保険からの葬祭費支給はありません。申請方法など、詳しくは加入していた健康保険へお問い合わせください。

 

・葬祭執行の日の翌日から起算して2年で、請求権は時効により消滅します。

 

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp