このページではJavaScriptを使用しています。

2016.01.25 中学校の部活動について 1520-A0079-001

受付日: 2016.01.25   分類: 教育・学校教育・その他

タイトル
中学校の部活動について

内容
 子どもが来春進学する中学校では、空手部と水泳部がないと聞きました。
 この校区は、空手や水泳の成績が優秀な児童がたくさんいますが、部活動がないので他の運動に転向する児童が多いと思います。
 空手は東京オリンピックで採用される予定の競技でもあり、中学校に進学しても継続してできる環境が整えば、鳥取県出身のオリンピック選手が誕生するかもしれません。空手の宇佐美選手も鳥取市に在住とのことであり、指導を請うことができれば、子どもたちも成長すると思います。
 また、水泳部は、ポピュラーな部活動であり、その部活動がないのは信じられないです。検討のほどよろしくお願いします。


回答
 部活動は、学校教育活動の一環として、学校長を中心とした責任体制のもと、学校の指導方針に沿って行われています。また、部の設置にあたっては、指導者・部員の確保、施設設備等の条件を踏まえ、長期にわたる活動が可能な場合に設置することが望ましいと考えます。
 現在、少子化や競技人口の偏りが原因で、以前より種目が限られており、空手のように日本中学校体育連盟に加盟していない競技は、指導者の確保、安全面への配慮等を考慮すると、さらに設置することが難しい状況にあります。
 こういった様々な事情をご理解いただき、入学後の部活動や競技の継続については、学校とよく相談していただくことが必要となります。

【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
  教育委員会 学校教育課
 (電話番号:0857-20-3366)
 (E-Mail:kyo-gakkou@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp