このページではJavaScriptを使用しています。

2016.02.01 庁舎の暖房温度が低い 1520-A0086-001

受付日: 2016.02.01   分類: 環境下水・環境一般・環境政策

タイトル
庁舎の暖房温度が低い

内容
 市役所の庁舎に行くと、とても寒く感じます。図書館に行っても寒いです。人間の生理的体感温度を無視した設定温度ではないかと感じます。職員はひざ掛けをして事務をしていますよ。もっと職員を思ってください。

回答
 本市では、国からのウォームビズの取組み要請に基づき、庁舎の暖房温度を「19℃を目途に過度にならないよう適切に調整する」こととしています。
 この取り組みは、暖房に必要なエネルギー使用量を削減することにより、CO2の発生を削減し地球温暖化を防止することを目的としております。
 今後とも、職員は室温19℃でも快適に執務できるようひざ掛けなども活用し、暖かい服装を心掛けながらウォームビズの取り組みを推進してまいりますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。

【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
  環境下水道部 生活環境課
  (電話番号:0857-20-3218)
  (E-Mail:kankyo@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp