このページではJavaScriptを使用しています。

2016.02.18 浜村温泉館「気多の湯」の存続要望 1520-A0092-001

受付日: 2016.02.18   分類: 経済観光・観光・温泉事業

タイトル
浜村温泉館「気多の湯」の存続要望

内容
 4月1日から点検のため休館になる浜村温泉館「気多の湯」の存続営業を強く要望します。
 再生のための修理、改善費や今後の入館者の見極めは大切な要点ですが、浜村温泉町の「ゆうゆう健康館」と、浜村温泉館「気多の湯」は二つがセットではじめて存在意義があります。
 県下でもこの温泉のユニークさは他に負けないと思っています。外国人も地方に目を向けだしました。時流に乗りたいものです。


回答
 浜村温泉館は、民間事業者により昭和58年と平成9年に整備された宿泊施設を平成14年度に旧気高町が取得、増築を行ったもので、合併後は指定管理施設として運営を行っているところです。
 昨年7月に本市技師による施設点検を実施したところ、建物、電気設備、機械設備において多数の不具合が確認されました。また、昨年9月の消防署の点検でも同様の指摘を受けたところです。
 現在の指定管理者である「NPO法人気多の櫂」の管理期間が本年度末までとなっており、不具合の中には次期の営業継続に求められる関係法令の基準を満たさないものもあるため、指定管理期間の終了とともに一時休館とし、詳細な施設点検と施設改修費の試算を行うこととしております。
 今後、調査結果を踏まえ、地域の皆様とともに施設管理方針を考えてまいりたいと考えます。

【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
  経済観光部 観光戦略課
  (電話番号:0857-20-3227)
  (E-Mail:kankou@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp