ピックアップインフォメーション 3月

みんなで新本庁舎について考えよう!
基本設計市民ワークショップのメンバーを募集

問い合せ 〒680-8571 鳥取市尚徳町116 本庁舎3階 庁舎整備局 電話0857-20-3012ファクス0857-20-3029 メールchoshaseibi@city.tottori.lg.jp

本市では、平成31年の完成をめざして、新本庁舎の建設事業を進めています。

現在進めている基本設計の検討にあたり、市民のみなさんのさまざまな考えを取り入れるため、アイデアを出し合い、話し合っていただく市民ワークショップを開催します。

◆テーマ

市民のみなさんに利用いただく機会の多い、次のテーマについて話し合います。

テーマ説明
(1)窓口サービス市民ロビー、窓口、待合、キッズコーナーなど建物内部の機能
(2)市民交流スペース多目的スペース、食堂、喫茶など建物内部の機能
(3)4つのにわ屋外空間、イベントスペース、駐車場など建物外部の機能

■開催日時(予定)

開催回日時
第1回3月26日(土)午後
第2回4月9日(土)午後
第3回5月14日(土)午後

◆応募方法

(応募資格)

市内に在住の18歳以上(平成28年3月1日現在、ただし高校生を除く)で、第1回から第3回まで継続して参加できる人

(募集定員)

20人程度

(応募期限)

3月11日(金)必着

(謝礼)

3000円/出席1回

(応募方法)

「新本庁舎へ期待すること」をテーマに意見をまとめ(200文字~400文字程度、任意様式)、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、直接持参していただくか、郵送、ファクシミリ、メールのいずれかで提出してください。

(選考結果)

応募者多数の場合は、選考のうえ決定します。

選考結果は、応募いただいた人に3月16日ごろ発送する予定です。

※ 参加を希望するテーマの確認と第1回開催案内は、選考結果通知に合わせて送付します。

ストレスと上手に付き合えていますか?
~3月は『自殺対策強化月間』です~

問い合せ中央保健センター 電話0857-20-3194 ファクス0857-20-3199

誰もが、原因や強さに個人差はありますが様々なストレスを抱えています。適度なストレスは、活動の原動力などよい刺激となることもありますが、ストレスをため込み、限界を超えてしまうと、うつ病など心身の病気の原因になります。自死の背景には、うつ病などのこころの病気が多く存在すると言われています。

▶ストレスのサイン

ストレスをため込んだ状態が続くと、こころや身体に変調をきたします。思い当たることがありませんか?

【心理】
不安感、落ち込み、怒りっぽい、無気力、集中力の低下など
【身体】
食欲低下、頭痛、動悸、めまい、不眠など
【行動】
過食、過度の飲酒や喫煙、遅刻、ケアレスミスなど

悩みを抱えている人も、周りで気づかれた人も、相談窓口(下記参照)をご利用ください。

鳥取市こころの相談窓口

中央保健センター 保健師
電話0857-20-3194
鳥取東健康福祉センター 保健師
電話0857-25-5008
障がい福祉課 保健師
電話0857-20-3474
各総合支所市民福祉課 保健師
電話健康・病院ページ
QRコード

お知らせ

鳥取市では「こころの体温計」を始めました!質問に答えていくとストレス状態を簡単にチェックできます。