このページではJavaScriptを使用しています。

♨浜村温泉足湯マップ♨


◆◆浜村温泉について◆◆

 浜村温泉は、今から約515年前の室町時代の終わり(1501年ごろ)に開湯されたと伝えられており、古くは『姫石温泉』として知られていました。また、「天正年間(1573年ごろ)、傷ついた白鷺が沢に留まり傷を癒しているので見てみると、そこから温泉が湧き出ていた。」という開湯伝説が残されていることから『一名鷺湯』とも呼ばれていました。そして明治17年ごろ(1884年)、現在の浜村温泉街にて、井戸の採掘中に新たな温泉が湧出したのをきっかけに旅館街が形成され、遠方からも湯治客が訪れるようになりました。

 

  ●泉質・・・ナトリウム、カルシウム-塩化物、硫酸塩55度

  ●効能・・・婦人病、胃腸病、リュウマチ、神経痛、火傷、アトピー性皮膚炎

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
気高町総合支所 地域振興課
電話0857-82-0011
FAX0857-82-1067
メールアドレスkt-chiiki@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)