このページではJavaScriptを使用しています。

医療費が高額になりそうなとき(限度額適用認定証)

1か月に1つの医療機関(※)で、自己負担額限度額を超える診療を受けるときは、医療機関に「限度額適用(・標準負担額減額)認定証」を提示すると、保険適用分の医療費の窓口支払額が自己負担限度額までとなります。

 

こんなとき

届出・申請の種類

手続に必要なもの

 医療費が高額になりそうなとき

限度額適用(・標準負担額)

認定申請

 

 ・認定証の交付を受ける人の保険証

 ・届出人の本人確認書類

 ・世帯主のマイナンバー確認書類

 ・認定証の交付を受ける人のマイナンバー確認書類

 

 

※入院と外来、医科と歯科は別々の計算となります。また、保険薬局、指定訪問看護事業者についても同様の取扱いを受けることができます。

 

 

◆ご注意ください

 

・国民健康保険料を滞納している場合や住民税の申告をしていない場合は、原則交付できません。

 

・「認定証」の交付を受けた人は、医療機関等に保険証と一緒に提示してください。

 

・同月内に入院と外来の診療を受けた場合や、複数の医療機関にかかった場合、それらの医療費を合算して自己負担限度額を超えれば、高額療養費の支給を受けられます。詳しくはサイト内リンクの関連情報医療費が高額になったとき(高額療養費)をご覧ください。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp