このページではJavaScriptを使用しています。

移送費の支給

負傷や病気などで移動が困難な人が、医師の指示により、緊急やむを得ない理由で移送された場合、その費用の全額または一部が移送費として支給されます。

 

 

こんなとき

届出・申請の種類

手続に必要なもの

 

移動が困難な人が、医師の指示により、緊急やむを得ず移送された場合

 

例1)災害現場等から緊急搬送された場合

例2)現設備で十分な診療ができず、医師の指示で緊急転院した場合

                       など

 

移送費支給申請

 ・届出人の保険証、本人確認書類

 ・世帯主の預金通帳と印かん

 ・医師の意見書

 ・領収書

 ・世帯主のマイナンバー確認書類

 ・療養を受けた人のマイナンバー確認書類

    

 

 

◆ご注意ください

 

・原則世帯主への支給となります。世帯主以外の人の口座への振り込みを希望される場合は、委任状が必要です。

 

・移送に要した費用を支払った日の翌日から2年を過ぎると支給されませんので、ご注意ください。

 

・移送内容について審査されますので、申請から支給まで2~3か月かかります。支給額については、標準的な運賃等の額の範囲内で実費が支給されます。(実費が標準的な運賃等の額を超えた場合、差額分は自己負担となります。)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp