このページではJavaScriptを使用しています。

第8回 福部地域振興会議議事概要

平成27年度第回福部地域振興会議 議事概要

○日時  日(月)13301500

 

○場所  福部町中央公民館 2階研修室

 

○出席者 会長:南部 敏、副会長:上山弘子

     委員:山本輝彦 、岸本正枝、福壽みどり、寺村好弘、西尾祥幸、北村重政、小谷孝文、山根

〇欠席者  委員: 濱田 香、平田 正雄(敬称略)

 

1会長あいさつ(南部会長)

 

2(1)鳥取市公共施設再配置基本計画の作成について(福部町総合支所 宇山支所長)

 

計画案の説明に対する主な質問、意見等

 

〈委員A〉各集落の集会所など施設の現状と、今後の見通し及び、浜湯山集会所の地元譲渡の進捗状況について伺いたい。

 

〈事務局〉福部地域の集会所、公民館は駅前、浪花団地を除く19地区に、公共の財源で建てた10施設と、旧福部村からの補助金で建てた9施設がある。公共の財源等で建てた10施設については、現在、耐用年数や起債償還期間も見ながら順次、地元への譲渡を進めており、すでに5施設が地元に譲渡済みである。

また、浜湯山集会所については、譲渡禁止期間内であるものの、建設用途から外れなければ譲渡は可能ということなので、早く譲渡してほしいという地元の意向も受けて、現在、手続き中である。

 

〈委員B〉公民館以外で、農業施設のアイデア館のような施設までもが譲渡対象の候補になっているが、これはどのような譲渡先を想定したものか?

 

〈事務局〉アイデア館については、最終の第4期の2045年の譲渡候補ということなので、現時点で具体的な案があるわけではない。但し、譲渡先になるのは個人とかではなく、例えばであるが、今あるアイデア館運営協議会のような、実情に合ったところにはなるのではないか。

 

〈委員C〉チラシなどで市庁舎や公共施設の問題についてはよく目にすることはあるが、パブリックコメントの募集については、寄せられた少ない数のコメントをみても、これらの問題に対する市民からの意見集約となっているかは疑問である。

また、サービスの必要性については、単純に利用者が少ないからニーズが低いとするのではなく、利用したいが交通手段がないとか、他に何らかの要因がある場合も考えられるので、十分に検証し、判断してほしい。

 

・福部総合支所の耐震化について

〈事務局〉福部総合支所庁舎の耐震化を進めるなかで、公民館、体育館なども集約した複合化を目指すという案もあるが、各委員さんの方で何か意見、質問等があれば伺いたい。

 

〈委員D〉地盤沈下しない新たな場所への新築移転というのは選択肢としてまだあるのか?

 

(委員A)メンテナンスのことも考えれば、例えば、町民グランドなどの新しい場所への移設という考え方もあっていいと思うがどうか。

 

〈事務局〉最初から改修ありきで耐震化計画を進めているのではない。新築も含めた、複数の案を比較検討しながら、最も合理的で現実的な耐震化を目指していくということである。その段階になれば、また、皆さんからのご意見も伺いながら、計画を進めていくことになると思う。

 

(2)各委員からの提案された協議・検討

 

【砂丘商店街の前の道路について】

(内容)現在、該当道路の速度は30キロになっていますが、実態は守られていません。実際、危ないと思ったことが何度もあります。ドライバーにもう少し分かりやすい表示をしていただきたい。また、砂の美術館から細側方面へは2車線になっており、砂の美術館や店舗は右側に固まっており県外車が左車線から右車線を横切って店舗側の駐車場へ入ることがよくあり、何度も追突事故を起こしかけているので併せてわかりやすい表示を求めます。

 

〈委員E:提案者〉砂丘商店街の前あたりの県道では、不案内な県外車が駐車場所を探してゆっくり走行しながら急に停車したりする。一方で制限時速の30キロを大きくオーバーして走行する車もあり、あわや追突事故になりかけた場面に何度も遭遇してきた。今回、この議題を取り上げてもらったのは、このような危険な状況があるということを皆さんにも知っておいて頂きたいというのと、何か分かりやすい案内表示の設置など、ご意見を頂きたいと思ったからである。

 

〈事務局〉危険性ということでは、車対車、或いは車対歩行者のどちらが問題か?

 

〈委員E〉どちらかと言えば車対車についてである。

 

 

〈事務局〉個人的には、砂丘会館側から市営駐車場側へ行き来する歩行者が、自由に県道を横断していることの方が、車を運転する側からみて「危ない!」と感じている。

 

〈委員F〉このことについては、以前、湯山観光委員会でも、柵や花壇のようなものを配置するなどして、歩行者が横断する場所を狭めてはどうかという意見があった。しかし、その時は一台でも多くの車を引き込みたいという商店街側の意向などもあって、結局、実現しなかった。

 

〈事務局〉2車線の箇所で、左車線側から右車線を急に横切り、反対側の駐車場へ入る県外車があって非常に危険だという報告について、本当は1車線に戻すのが一番かもしれないが、これは砂丘入り口の交差点付近の渋滞対策のために設けられたもので、難しいと思う。

 

〈会長〉いろいろ意見は出たが、本件については、ここだけで結論が出る案件ではない。引き続き、地元、観光協会の関係者でも協議してもらうことにしてはどうか?

 

〈事務局〉提案者であるE委員さんの方で、本日出された意見も踏まえ、観光協会の中で再度、協議してもらうということは可能か?

 

〈委員E〉4月に観光協会の総会があり、また、たまたま今年度は当社(砂丘会館)の社長が協会の会長でもあることから、そこで、本日、出された意見、指摘なども参考にしながら、再度、協議してもらえるよう検討してみる。

 

―終了―

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福部町総合支所 地域振興課
電話0857-75-2811
FAX0857-74-3714
メールアドレスfb-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)