このページではJavaScriptを使用しています。

平成27年度 第4回 用瀬地域振興会議の開催内容について

【日   時】 平成27年8月18日(火) 13:30~16:30

 

【場   所】 河原町中央公民館 大講堂

 

【出席委員数】 河原地域振興会議委員 11名(1名欠席)

        用瀬地域振興会議委員 11名(1名欠席)

        佐治地域振興会議委員 11名(1名欠席)

 

【事 務 局】 河原町総合支所 支所長以下5名

        用瀬町総合支所 支所長以下3名

        佐治町総合支所 支所長以下4名

 

【関 係 課】 創生戦略室、都市企画課、東部広域行政管理組合、企業立地支援課

 

【傍 聴 者】 なし

 

【会議次第】

 

 1 開会

 

 2 議長選出

 

 3 議長あいさつ

 

 4 自己紹介

 

 5 議題・報告事項

 

   (1)鳥取市人口ビジョン及び創生総合戦略【素案】について

 

   (2)新可燃物処理施設の整備について

 

   (3)山手工業団地整備及び布袋工業団地拡張整備について

 

 6 その他

 

   (1)平成27年度「とっとりふるさと元気塾」について

 

 7 閉会

 

 

【会議資料】

 

 

【議事概要】

 

≪5 議題・報告事項≫

 

(1)鳥取市人口ビジョン及び創生総合戦略【素案】について

 

 創生戦略室 (資料1にて説明)

 

 委 員(佐治)

   (1)子どもの支援についてですが、3人目からはかなりハードルが高すぎるの

      で、1人目、2人目からの支援も考えていただきたい。

   (2)医療費の無料化ですが、高校生、せめて中学生まででも何とか考えていた

      だきたい。

   (3)地方には、たくさん良いところがあるので、観光にも力を入れていただ

      き、たくさんの観光客に来てもらえるように力を入れてもらいたい。

   (4)国際化を考えると、中学校の時から、留学制度とか、交換留学が出来る専

      門コース制度のある学校があったら良いと思います。

   (5)古い建物を簡単に壊すのではなく、もう少し古いものを大切にし、生かし

      ていくことに力を入れていただきたい。

 

 創生戦略室

   (1)財政負担が一番ネックになるので、国、県にそういう意見を言っていきた

      いと思っております。

   (2)小児特別医療は、おそらく来年の春から高校3年生までになると思いま

      す。

   (3)総合戦略の中で、地方の人を呼び込むような政策を考えています。すぐ

      は、実践できませんが、力を入れていきたいと思っております。
 

   (4)グローバル人材育成に向けた英語等に特化したモデル校の設置及び留学と

      まではいかないかもしれませんが、中学生を海外に派遣する事業を進めて

      いきたいと思っています。

   (5)古いものを大切にし、財産にしていくことを所有者の意見を聞きながら、

      考えていかなくてはいけないと思います。

 

 委 員(用瀬)

   (1)地域おこしというのは、普遍的に同じような施策でなく、町の中心は市街

      地で、郊外などは中間地域で暮らせるような個々の施策をしていかないと

      いけないと思います。基本的には、辺地を大切にする制度、また、辺地に

      光がさすような施策をするのが一番大切なことだと思います。そういった

      ところで一生送れるような環境整備や物のとらえ方をしてほしいと思いま

      す。

   (2)安心して農作物が作れるように、鳥獣対策をしてほしいと思います。

 

 創生戦略室

   (1)鳥取市でも中山間地を大切にする政策をしていますが、少し時間をいただ

      いている現状です。

   (2)今回の戦略の中には、鳥獣の対策というようなことは、入っておりません

      が、有害鳥獣の個体の管理とか、ジビエの肉の利活用といったことは、考

      えていきたいと思っています。

 

 委 員(河原)

    説明があまりにも一般的であり、何を重点に置いて説明するのか、また、中山

   間地と海側でも違うし、旧市内と新市内でも説明の仕方が違うと思うので、他の

   ところはこういうところが違うのだという事を十分説明し、鳥取市として、特色

   のあるもの(ビジョン)を作っていただきたい。

 

 創生戦略室

    戦略が一般的であるということは、よく伺います。作っていく段階で、あれも

   これもと言って出来上がってしまったので、鳥取市はここに力を入れていくとい

   う事をもう少し出していきたいと思っております。

 

 

(2)新可燃物処理施設の整備について

 

 東部広域行政施設管理組合 (資料2により説明)

 

 委 員(佐治)

    新しい施設が出来たら今ある4つの施設のうち、どれが廃止されるのですか。

 

 東部広域行政管理組合

    今、稼働している施設はすべて廃止となります。

 

 委 員(佐治)

    それは、いつですか。

 

 東部広域行政管理組合

    新しい施設が稼働した後に廃止になると考えております。

 

 委 員(佐治)

    今度の施設は一日あたり240tということで、今の4つを足すと312tに

   なりますが、大丈夫ですか。

 

 東部広域行政管理組合

    各市町がごみの減量化に取り組まれた結果、ごみの量が少なくなってきていま

   す。また、今後の人口も減る傾向にありますので、それらを考慮して新施設の施

   設規模を算定しています。

 

 委 員(佐治)

    今度建設される施設は、太陽光発電は行わないで、蒸気のみですか。

 

 東部広域行政管理組合

    基本的にはごみを燃やした際に出る熱を使って蒸気を発生させ、その蒸気で蒸

   気タービンを回して電気を発電する計画としています。太陽光発電については、

   現在の建設予定地において、太陽光発電が適しているのかどうかを今後調査して

   いきながら検討していきたいと思っています。

 

 議 長

    7月22日に第1回口頭弁論が済んだという事で、10月21日に結審になる

   わけですが、それで、もう告訴はできないのですか。

 

 東部広域行政管理組合

    裁判は3審制(最高裁判所)まで上告できることとなっており、現在は第2審

   ですので、上告すれば第3審(最高裁判所)に行くこともあります。

 

 議 長

    もし、最高裁に告訴された場合、31年までの合併特例債の期限に間に合いま

   すか。

 

 東部広域行政管理組合

    もし、最高裁に行った場合、その判決がいつになるかということは、はっきり

   申し上げられません。合併特例債という大変有利な財源ですので、我々もそのこ

   とを念頭において、しっかり準備をしているところです。

 

 会 長(用瀬)

    施設の建設にあたっては、大変な事業でずっと難航してきた経緯があるようで

   すが、さらに努力をしていただき、一日も早く実現してほしいというのが私の願

   いです。

 

 

(3)山手工業団地整備及び布袋工業団地拡張整備について

 

 企業立地・支援課 (資料3により説明)

 

 議 長

    (1)イナテック、マルサンアイの両方の企業で237名程度の雇用があるよ

       うですが、地元を優先的に雇用していただくようお願いします。地元の

       大学卒業生、高校生が外に出て行かないようにPRし、早くから情報を

       出して、雇用の確保に努めていただきたい。雇用にあたっては、以前に

       もお願いしておりますが、河原、用瀬、佐治を優先的に雇用していただ

       くように企業に働きかけをしていただきたい。
 

    (2)本社の方から移住してこられる人があると思いますが、その人たちの住

       むところをどのように考えておられますか。

 

 企業立地・支援課

    (1)企業に地元を優先的に雇用してくださいという事はお願いしています

       し、企業側も極力地元から優先して採用したいという意向はいただいて

       います。

    (2)たくさんの流入人口が南地域にやって来ると、住むところも当然です

       が、利便施設(スーパー、コンビニ)が必要になってくると思います。

       これは、民間の方で需要があれば、必ず動きが出てくると思います。ま

       ずは私どもとしては、河原地域でいかに移住人口、流入人口を増やして

       いくかという事を一生懸命考えさせていただきます。

 

 委 員(河原)

    (1)地元から優先的に雇用をという事を言われますが、早くからPRして公

       募しないと、人材確保できるかどうかということが問題だと思います。
 

    (2)市は地元(布袋)の説明会に1回しか出ていないし、開発公社は単独で

       走り回っている。市と開発公社が一体で事業をしていることを意識づけ

       しなければいけないと思います。

 

 企業立地・支援課

    (1)河原地域からの雇用という事ですが、ご指摘のとおり突然雇用が生まれ

       ても、すでに外に出てしまっておられる方もたくさんおられます。た

       だ、企業誘致が決まるまでには、PRが出来ないということがありま

       す。誘致の途中段階で公表が出来れば、良いですが、特に上場企業など

       は、証券取引法の問題等あって、位置決定するまでは出せないというこ

       とがありますが、実際には、誘致が決まるまでに、企業と内々に地元の

       高校や鳥取大学、環境大学等の色んな学校を回らせてもらって、学校関

       係者の皆さんには、以前から周知はさせていただいています。

        実際に位置も決まりましたので、大々的にPRして行きたいと考えて

       おりますし、南地域の皆さんには、先行して全戸配布でチラシを配布し

       ています。今後も、南地域の皆さんには、優先して情報を出すよう努力

       していきたいと思います。

    (2)地元の説明会には、必ず市職員は同席しています。

 

 委 員(佐治)

    先に言われたように、日本全国、他の自治体もしっかり計画されている中で、

   やはりひとつふたつ光ったものがあると企業の進出にも繋がっていくと思いま

   す。将来ビジョンを作っていくうえで、グローバルビジョンの観点に立ち、各企

   業が国際的に研修制度等を利用し、外国の方々が鳥取に来ることで、光ったもの

   があれば、移住にも繋がり、人口も増えるし、仕事づくりにも繋がると思いま

   す。

 

 企業立地・支援課

    グローバルビジョンの観点から、外国人の皆さんに来ていただけるようなこと

   は、実際これから進められていくと思います。一つ問題は、国の施策が外国人の

   受け入れが可能かどうか、その辺が必要であれば、鳥取市の方から県を通じて国

   に意見するという事も考えていきたいと思っています。

 

 

≪6 その他≫

 

(1)平成27年度「とっとりふるさと元気塾」について

 

 地域振興監 (資料4により説明)

 

 委 員(用瀬)

    8年前にUターンして帰ってきて、ずっとこの関係の仕事をしている。鳥取市

   もようやく本腰を入れて地域創生の時代にふさわしいことをやられるという事を

   期待しています。

 

 

≪閉 会≫



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)