このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市新本庁舎建設基本設計市民ワークショップについて

鳥取市新本庁舎建設基本設計市民ワークショップを開催しました

 

 設計の基礎となる段階から、様々な立場や考えを持った市民の皆様のご意見を取り入れることを目的に、平成28年3月から5月にかけて、市民30人(公募20人、団体推薦10人)とアドバイザーとして鳥取環境大学の遠藤先生にご協力いただき、計3回のワークショップ(注1)を開催しました。

 

 メンバーは、建設予定地でのフィールドワークを行ったあと、「窓口サービス」、「市民交流スペース」、「4つのにわ(注2)」をテーマにAからFの6つのグループに分かれ、新本庁舎に必要な機能、デザインについて話し合っていただきました。

 

 以下に、ワークショップで提案された意見・アイデアと、それらに対する設計者の考え方、ワークショップの概要についてお知らせします。

 

 よりよい庁舎となるよう、このワークショップでいただいた多くのご意見やアイデアについてしっかりと検討し、積極的に新本庁舎の基本設計に反映していきます。

 

(注1)ワークショップとは参加者の主体性を活かして、話し合いや共同作業を行っていく手法であり、その「場」のことをいいます。

 

(注2)新本庁舎を中心とする屋外空間(敷地内を東西につなぐオモテ、トオリ、ナカ、オクの4つのにわなど)

 

各グループの提案内容

 新本庁舎へわたしたちの提案(AからFまでの各グループの提案内容、PDF:310KB)

 

提案に対する設計者の考え方

 グループA(窓口サービス、PDF:90KB)

 グループB(窓口サービス、PDF:90KB)

 グループC(市民交流スペース、PDF:126KB)

 グループD(市民交流スペース、PDF:106KB)

 グループE(4つのにわ、PDF:88KB)

 グループF(4つのにわ、PDF:115KB)

 

ワークショップの概要

開催日時

 第1回 平成28年3月26日 土曜日 13:30~16:30

 第2回 平成28年4月 9日 土曜日 13:30~16:30

 第3回 平成28年5月14日 土曜日 13:30~16:00

 

会場

 市役所駅南庁舎2階 中央図書館多目的ホール

 

参加者

 ワークショップメンバー、アドバイザー、設計者、市事務局

 

第1回ワークショップ

プログラム

 市長あいさつ

 ワークショップについて(経過、目的、概要説明)

 グループ分け・自己紹介・グループリーダーの選出

 グループ会議(フィールドワーク、テーマに沿ったフリートーク)

 次回ワークショップについて

 

当日の様子

建設予定地でのフィールドワーク         テーマに沿ったフリートーク

 

 

 

第2回ワークショップ

当日のプログラム

 設計の検討状況の説明

 グループ会議

  (1)意見やアイデアの抽出

  (2)グループ提案のまとめ

 各グループの提案発表

 

当日の様子

持ち寄った写真などをもとに話し合い       話し合った提案内容をグループ毎に発表

 

 

第3回ワークショップ

当日のプログラム

 各グループ提案のおさらい

 提案に対する設計者の考え方

 質疑応答

 まとめ

 

当日の様子

設計者の説明へ質問を投げかける参加者    お疲れ様でした

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
庁舎整備局 庁舎整備局
電話0857-20-3012
FAX0857-20-3029
メールアドレスchoshaseibi@city.tottori.lg.jp