このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

老齢基礎年金の受給について教えてください。

回答

老齢基礎年金の受給資格のある人は、原則として65歳になったら老齢基礎年金を受給することができます。
 

○手続先
・第1号被保険者(自営業者など)期間のみの人は、保険年金課又は各総合支所市民福祉課窓口
・厚生年金や第3号被保険者期間のある人は、鳥取年金事務所
 

○手続きする時期
65歳の誕生日の前日以降に請求手続してください。
 

○必要なもの
・請求者のマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)
・請求者の年金手帳(基礎年金番号通知書・年金証書)
・配偶者の年金手帳(基礎年金番号通知書・年金証書)
・請求者の預(貯)金通帳
・印鑑(本人が署名するときは不要)
・代理のときは、委任状と代理人の身分を証明するもの
 

○場合によっては次のものなどが必要です。
・請求者の所得証明書
・請求者の戸籍謄本(婚姻期間が確認できるもの)
・世帯全員の住民票
 

※すでに厚生年金(共済年金)などを受給している人は、65歳の誕生日の月初めに日本年金機構(共済組合)から裁定請求書(はがき)が送られてきます。裁定請求書に氏名住所等を記入して、日本年金機構(共済組合)へ郵送してください。 

 

 

【お問い合わせ先】

   福祉部 保険年金課(電話:0857-20-3484)
                (Eメール:hoken@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?