ピックアップインフォメーション 5月

後期高齢者医療の保険料率は据え置きです

問い合せ鳥取県後期高齢者医療広域連合業務課電話0858-32-1099ファクス0858-32-1067
駅南庁舎保険年金課電話0857-20-3487ファクス0857-20-3407

《保険料率について》

後期高齢者医療の保険料率は、支出(医療給付費など)と収入(国や県、市町村の負担金、加入者が納付する保険料など)を推計して、鳥取県後期高齢者医療広域連合が2年ごとに見直しを行っています。平成28年度は見直しの年ですが、保険料率は据え置きとなりました。

保険料率は県内均一で加入者が市町村に納める額は、広域連合が支出する医療給付費総額の1割程度となります。

後期高齢者医療制度の負担内訳
国・県・市町村負担金後期高齢者支援金
(国保や被用者保険が負担)
保険料
約5割約4割約1割
平成28・29 年度保険料率※平成26・27 年度と同一
均等割額所得割率賦課限度額
42,480円8.07%57万円

※所得が低い人については、軽減措置の適用があります。

《保険料軽減措置の見直しについて》

昨今の社会情勢などを踏まえ、保険料均等割額の軽減措置(所得基準)を右表のとおり低所得者層を中心にさらに軽減します(所得割額の軽減は変更ありません)。

軽減割合世帯(被保険者及び世帯主)の総所得金額など
改正前改正後
9割「基礎控除額(33万円)以下の世帯で、被保険者全員が年金収入80万円以下」の世帯(その他各種所得がない場合)変更なし
8.5割「基礎控除額(33万円)」以下の世帯変更なし
5割「基礎控除額(33万円)+26.0万円×世帯の被保険者数」以下の世帯「基礎控除額(33万円)+26.5万円×世帯の被保険者数」以下の世帯
2割「基礎控除額(33万円)+47.0万円×世帯の被保険者数」以下の世帯「基礎控除額(33万円)+48.0万円×世帯の被保険者数」以下の世帯

※65歳以上(前年度の1月1日時点)の公的年金受給者の場合は、「年金収入-(120万円+15万円)」が軽減を判定するための所得額となります。

保険料は、後期高齢者医療制度を維持していくための貴重な財源ですので、期限内納付にご協力ください。

参議院議員通常選挙の立会人を募集します!

問い合せ選挙管理委員会(〒680-0022 西町二丁目311)電話0857-20-3386ファクス0857-20-3051メールsenkan@city.tottori.lg.jp

■応募資格

【当日投票所(92カ所)】※7月10日以降の日曜日

場所
住所地の当日投票所
時間
6:30~20:30(一部の投票所は1 時間繰り上げ)
条件
立会をしようとする投票区の選挙人名簿に登録されている有権者で当日必ず立会のできる人、政治活動や選挙運動に関わっていない人
人数
各投票所2人
報酬
10,700 円(源泉徴収あり)

※交通費支給なし、昼食は自己負担

【期日前投票所(12カ所)】

期間
6月24日(金)から7月23日(土)までの間の連続する16日間(投票日により期間が変わります)のうち立会可能な日(複数可)
時間・場所
福祉文化会館、各総合支所(用瀬地域を除く)、用瀬地区保健センター 8:10 ~ 20:10
イオンモール鳥取北 9:40~20:10 ※最終日は19:10まで
鳥取大学、鳥取環境大学 9:40~18:10
条件
有権者(住所要件なし)で当日必ず立会のできる人、政治活動や選挙運動に関わっていない人
人数
各投票所2人
報酬
9,500円(源泉徴収あり)

※交通費支給なし、昼食は自己負担

■申し込み期間

4月20日(水)から5月15日(日)まで

■申し込み方法

○パソコン・携帯電話 本市公式ホームページの申し込みフォームから簡単に申し込みができます。

○はがき、ファクシミリまたはメール 住所(郵便番号)、氏名、生年月日、電話番号、「当日の立会人を希望」(投票日の中で希望される日(複数可))または「期日前の立会人を希望」(期日前の場合は、期日前投票期間の中で希望する日(複数可)および希望投票所)を記入して、上記宛に送ってください。

■選任の決定

投票日が決まり次第、申込者へ文書でお知らせします。なお、同日に多数の応募がある場合は、若い世代の人を優先します。

■投票立会人の主な仕事

○投票所の開閉の立会い

○最初に投票する際に、投票箱に何も入っていないことの確認の立会い

○投票する方が投票所に入場してから、投票用紙を間違いなく投票箱に入れ、退場するまでの立会い

○投票箱の閉鎖の立会い

今回の選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられます。立会する日までに18歳になってている人は立会できますので、積極的にご応募ください。