ピックアップインフォメーション 5月

生活環境課 廃棄物対策係からのお知らせ

問い合せ本庁舎生活環境課 電話0857-20-3217 ファクス0857-20-3045

シリーズ 4Rのススメ 第2回

■生ごみを減らしましょう!

生ごみを減らすために、ひと工夫してみませんか?

◆まずは生ごみをださない工夫を!

  • 食品は無駄に買わず、必要な分だけ買うようにする。
  • 食べ残しを減らす。
  • 野菜や果物の皮をむくとき、厚く切りすぎない。
  • 野菜の皮や根本、葉などのうち、利用できるものは捨てずに工夫して調理する。

◆水切りをしましょう

可燃ごみの約半分は水分です。生ごみの十分な水切りをすることにより、悪臭や腐敗の防止になり、ごみ袋を軽くすることができます。

市販の水切りネット・水切りグッズなどを使用するのも効果的です。

◆ワンポイント

生ごみは、濡らさないことがポイントです。野菜などは水洗いする前に、食べられる部分と使わない部分(生ごみになるもの)とを切り分けておきましょう。

使用済小型家電の回収にご協力ください

ご家庭の電気や電池で動く小型の家電製品(小型家電)には、貴金属やレアメタルといった有用な金属が含まれています。本市では市役所本庁舎や駅南庁舎、各総合支所、イオン3店舗など市内14箇所に設置している回収ボックスで収集を行っています。投入口( 縦20cm×横40cm)から入る物が対象です。資源の有効活用にご協力ください。

医療系廃棄物および危険物を
ごみステーションに出さないでください。

ごみステーションを管理されているみなさんやごみの収集員、処理場の作業員に危険がおよぶおそれがありますので、ごみステーションに医療系廃棄物(注射器、カテーテルなど)を出さないでください。

医療系廃棄物は、かかりつけの医療機関に処理を依頼してください。

祝日のごみ収集(鳥取地域)

※新市域については総合支所だよりをご覧になるか、各総合支所市民福祉課
電話健康・病院ページ)までお問い合わせください。

祝日がごみ収集日にあたる地区(該当地区)は、ごみ収集のスケジュールが次のように変更になります。

月日可燃ごみ古紙類ペットボトルプラスチック食品トレイ・資源ごみ
小型破砕ごみ
5月3日(火)
(憲法記念日)
該当地区は収集します該当地区は
10日(火)に振り替えて収集します
お休みします
5月4日(水)
(みどりの日)
該当地区は収集します該当地区は
11日(水)に振り替えて収集します
お休みします
5月5日(木)
(こどもの日)
該当地区は収集します該当地区は
12日(木)に振り替えて収集します
お休みします

乾電池・蛍光管の収集

6月

他のごみと区別し、それぞれ別の透明または半透明な袋などに入れ、6月1日(水)~ 7日(火)の小型破砕ごみの収集日(鳥取地域)にごみステーションに出してください。

蛍光管は購入時のケースに入れるなど、壊れないようにしてください。

※ごみを出す時は必ず収集曜日を守り、朝8時までに出してください。

風しん予防接種費用助成制度について

問い合せ中央保健センター電話0857-20-3191
鳥取東健康福祉センター・各総合支所市民福祉課(電話健康・病院ページ

対象者

鳥取市に住民登録があり、次の(1)または(2)いずれかに該当する人

(1)妊娠を予定または希望している満19歳以上50歳未満※の女性のうち、風しん抗体価検査の結果、抗体価が低く(HI法16倍以下)ワクチン接種を勧められた人

※ 年齢基準日を平成29年3月31日とし、昭和42年4月2日から平成10年4月1日の間に生まれた人が対象

(2)妊娠している女性の夫

助成内容

麻しん風しん混合ワクチンまたは風しんワクチンの接種にかかる費用全額(1人1回)

助成対象となる予防接種

4月1日から平成29年3月31日までに実施されたもの

助成申請受付期間

4月1日から平成29年4月5日まで

申請方法

領収書、印鑑、通帳の写しなど振込先口座番号と口座名義人(原則として接種者本人の口座)がわかるもの、(1)の対象者は抗体価検査結果のわかるもの、(2)の対象者は妻が妊娠していることがわかるもの(母子手帳など)をお持ちのうえ、受付窓口へお越しください。